話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ときどき、ホットミルクが飲みたくなる人生

極大級マイソン

第45話「外道たる所以」

 ……もはや一刻の猶予もない。こうなったら最後の手段だ。こんな手は使いたくなかったが、もう『アレ』を発動するしかない。
 俺は、先ほど使ったスイッチとは別のポケットから携帯を取り出し、とあるコードを素早く入力した。

「それは?」
「ひ、ひひひ。ヒヒャハハハハハハハハハハ!! お前はこれで終わりだ峰長!」
「一体貴方、何をしたの!? 答えなさいよ!」
「すぐにわかる」

 俺がそう言った直後、自体はすぐに動いた。1階駐車場に、複数人の謎の男共が出現した。彼らは、全身黒装束を身にまとい、顔はマスクをしてわからないようになっている。顔も見えないのに、何故俺がこいつら全員を『男』だとわかるのかと言えば、一重にこいつらが、俺が派遣した『兵士』だからである。

「…………まさか、お仲間?」
「そういう事だ。そもそも勝った時の約束だって、必ず守られるとは限らないからな。暴力をもっていう事を聞かせてやるよ!」
「卑怯者!」

 ははっ、卑怯結構! 峰長甘子は、この場で完膚無きまでに叩きのめしてやるからな!!

「ときどき、ホットミルクが飲みたくなる人生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く