話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ときどき、ホットミルクが飲みたくなる人生

極大級マイソン

第42話「秘密組織」

 一方その頃。

「いやー、なかなか白熱したバトルが繰り広げられてますなぁ」
「ホンマやなー。片方ゴキブリホイホイやけどな」
「しかも燃えてるっていうね」
「なんか俺、キサラギ見てあれを思い出したわ。ほらあの、地上でやるクルクル動き回る花火」
「ネズミ花火?」
「そうそれ」
「ゴキブリ&ネズミってww 完全に駆除される側じゃねえかwww」
「うん。キサラギ、多分負けるで。間違いない」

 とあるマンションの一階駐車場。そこで死闘を繰り広げているのは如月と峰長。
 そして、その少し離れた安全地域で彼らを監視しているのは、恋島一郎と内田友だった。彼らは、荒れ放題の空き地でタブレットを使って映像を眺めている。

「彼奴がやばくなったらどうする?」
「手はず道理や。キサラギが勝つにせよ負けるにせよ、俺達メンバー・・・・は次のステージに移行するのだと。『異能力は公に明かされていない部分が非常に多いが、メンバー内で発症した奴が出て来たことで事態は急変した。キサラギの覚醒が我々にどのような結果をもたらすにせよ、そのための行動を起こさないのはマヌケのする事だ。』…………というのが、ボス・・の意見らしい」

 イチローが『ボス』といった人物は、如月含む彼らをまとめる組織のリーダーである。彼らは、各々の事情でなんやかんやその組織に所属しており、偶にメンバー一同で活動をするのだ。

「また面倒な事始める気かよ、あのおっさん。本当いい加減にしろよな〜!」
「賃金払えあの野郎!! 未成年だからってお手伝いじゃないんやぞコッチは!」
「労基に訴えるぞタコが!!」

 …………そんなボスに、あまり良い印象を持っていない様子の2人。どうやら、組織の基盤は割とガタガタのようだ。



「ふむふむなるほど。どうやら思ったより、愉快な事を企んでいるようですね」
「「あ?」」



 そんな2人に、後ろから声をかけてくる少女が現れた。
 少女は笑みを浮かべる。

「是非もないです」

「ときどき、ホットミルクが飲みたくなる人生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く