話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ときどき、ホットミルクが飲みたくなる人生

極大級マイソン

第34話「情報戦」

「他の能力者ですか?」

 放課後、俺は美山に会いに1年生の教室に来ていた。

「ああ。能力者は、敗北した相手に自分の能力を奪われる。だとすれば、俺が他の奴と戦って、その能力をもぎ取れば戦力アップになる訳だ」

 先日の戦いで、俺と峰長の実力はほぼ互角だった。となれば、より強い能力をたくさん手にしている方が勝つのが道理だ。

「そういう訳で、峰長と戦う前に他の能力者と戦おうと思う。それも美山のゴミ能力みたいのじゃなくて、実戦で使える強い能力の持ち主とな」
「当てはあるんですか?」
「シナビから能力者数人の情報を得た」
「なるほど」
「ただ、問題なのがそのほとんどが使えない能力者だった事だな。あの野郎、質問する度に話をはぐらかして、本命の情報をなかなか渡さなかったんだ。ムカついたから、彼奴がいない隙を狙って、机にカッターで落書きしてやったぜ!」
「大森先輩、泣いちゃうんじゃないですか?」

 野郎の涙なんぞどうでも良い。存分に泣きやがれ。

「それで、結局どんな情報を聞いてきたんですか?」
「これだ」

 俺は美山にリストを見せる。シナビから聞き出した、能力者についての情報だ。

「ときどき、ホットミルクが飲みたくなる人生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く