話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ときどき、ホットミルクが飲みたくなる人生

極大級マイソン

第31話「紹介」

「紹介しよう。こちらは美山イヅナ、うちの学園の1年生だ」
「どうも初めまして、美山イヅナです」
「可愛い……」

 トモがそう呟いた。こいつは女と見れば誰でもこうだ。根っからのプレイボーイである奴は、一度良さそうな女を見つけてはとにかく口説きまくる。付き合った女は数知れないが、最終的にその全ての女性から別れ話を切り出されるそうだ。

「やあ、可愛いお嬢ちゃん。僕の名前は内田友、良ければこれからお茶してかない?」

 そして早速口説き始める馬鹿。美山は困ったような表情を浮かべている。

「後にしろ馬鹿。どうせ1週間後には絶縁されるくせによくやるぜ」
「3週間は保ちます〜っ! ロクに女慣れしてない童貞が!!」
「あの〜先輩。この方達は…………」

 おっと、まずは美山にこいつらの紹介をしないとな。

「この2人は、俺の親友兼道具。金髪の恋島一郎と、眼鏡の内田友だ。『イチロー』と『トモ』で良いぞ」
「もうちょいマシな説明せーや」
「2年のトモです。よろしくっ☆」
「さて、互いの紹介も終えたところで、早速本題に入りたいんだが」

 俺は、2人の馬鹿共に今日の朝に起きた事を説明した。

「ときどき、ホットミルクが飲みたくなる人生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く