話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ときどき、ホットミルクが飲みたくなる人生

極大級マイソン

第32話「唯我独尊」

「かくかくしかじか」
「あーお前のゴキブリホイホイの話はどうでも良いから、イヅナちゃんの事教えろ」
「殴んぞてめえ」
「イヅナちゃん。お近づきの印に、僕とラインID交換しようよ」
「話を聞け!」
「ほんで、キサラギは結局、俺らを呼んで何をさせるつもりなん?」
「よくぞ聞いてくれたイチロー。お前らに俺の手駒となってもらう」
「報酬は?」
「俺からお前らに渡せるものはただ一つ。それは死だ」

 そう言って、俺は肉体をバラバラにして一万匹のゴキブリへと変貌した。

「うわ、キッショ!?」
『この場で俺様に食い殺されたくなかったら、黙って言う事を聞くんだな』
「こいつ! 古くからの友人に対して、在ろう事か脅しをかけてきたぞ!!」
『協力するか?』
「私は喜んで従います陛下! 殺るならそこのナンパ屑だけにしてください!」
「あ、テメエ!!」

 どうやら2人は、俺の言うことに従ってくれるようだ。これも人望の賜物だな。
 俺は元の姿に戻る。

「よしっ、これで手駒が2人増えたな」
「先輩って、親友相手に対してもこんな感じなんですね」
「正直な自分をさらけ出せない奴は、本当の親友じゃねえ。嫌われる事を恐れない、それが信頼を築く第一歩だ」
「裏表が無いって言うか、ただ単に最低なだけですね」

 2人のクソ野郎を仲間にした俺。
 数は揃った。さあ、決戦の準備だ!

「ときどき、ホットミルクが飲みたくなる人生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く