話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ときどき、ホットミルクが飲みたくなる人生

極大級マイソン

第29話「都合の良い女」

 峰長との対談の末、勝負は今度の日曜日に持ち越された。
 峰長が勝てば、俺の能力を処分する事。俺が勝ったら、峰長は今後2度と俺に逆らわない事を約束し、1本試合で正々堂々の戦いを行う予定だ。
 当然、俺に負ける気は無い。どんな手を使ってでも、勝負には勝つ所存だ。
 そんなこんなで、放課後。俺は美山に協力を仰ぐため1年の教室に来ていた。

「という訳で、今後も俺に協力してくれよ。美山」
「それは構いませんが、如月先輩。1年の教室に2年生が来ると、他のクラスメイトが警戒しちゃいますよ。先輩、ただでさえ人相が悪いんですから」
「俺のどこが強面だっていうんだ」
「それはそうと、日曜日に峰長先輩と戦うという話ですが、果たして勝算はあるんですか? ハッキリ言いますけど、私喧嘩は得意ではありませんよ」
「それについては作戦がある。お前にもこれからついて来て欲しいと考えてたんだ」
「どこに連れてく気なんですか? 校舎裏? 更衣室? それとも体育館倉庫?」
「黙ってついてこい。玄関ホールに集合をかけてある」

 俺は美山の手を掴み、1年の教室を出る。後ろの方で1年生共がこちらを見ているような気がするけど、無視して先へ進む事にした。

「ときどき、ホットミルクが飲みたくなる人生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く