話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ときどき、ホットミルクが飲みたくなる人生

極大級マイソン

第26話「無謀なる突撃」

『戻って来たならちょうど良い! 峰長を倒すのに手を貸せ、美山!』
「イカガワシイ事ですか?」
『ちげーよ!! お前の能力ゴミなんだろう!? せめて囮にくらいなれって言ってるんだよ! その隙に、俺がこの姿で一斉に襲い掛かってやるんだ!!』
「つまり先輩は、虫の姿で峰長先輩の服の中に忍び込んで、あんなことやこんなことをしてエロエロの18禁展開に持ち込むのですね!? ノクターンへ出張ですか!?」
『ゴキブリの姿で口から侵入するぞエロ女!! 俺はだなぁ、峰長に襲い掛かって…………あれ? 何しよう…………。ええいとにかく、お前は肉盾になりやがれ!!』
「Yaaaaaaaaaaaaaaaaaa!!」

 俺の号令に応じて、美山は砂糖キチガイに突っ込んで行く。何が彼女をそこまでさせるのかはわからないが。

「うわあ! 本当に来た!! あーもう、これでも喰らえ!!」

 向かってくる美山を、峰長は砂糖を使って拘束する。簡単に美山は捕まってしまった。
 そんな中、美山は何故か瞳をキラキラさせている。

「新しい拘束プレイですね! わかります!!」
「ちょっと如月ぃ!! この子なんなの!? 凄くキャラが濃いんだけど!」

 俺は、彼女の紹介をしてやる事にした。

『俺のパートナー兼手駒だ。名前は美山イヅナっていうんだ、仲良くしてやってくれよ』

「ときどき、ホットミルクが飲みたくなる人生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く