話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ときどき、ホットミルクが飲みたくなる人生

極大級マイソン

第24話「無数の悪夢」

 俺、復活! ここからが、俺のステージだ!!

「ぐうううう如月っ!! 貴方ぁ、この私に何を食わせ…………おぼろろろろっっ!!」
「お前が勝手に食ったんだろうが。言っておくが、今の俺は怒っている。この俺を2度殺し、更にもう1度殺そうとした罪、ここで償ってもらうぜ!!」
「抜かせえええええええええええ!!」

 峰長が叫び、彼奴は体内から大量の砂糖を放出する。身体の水分を全て吸い取る驚異の砂糖の嵐。あれでまた、俺をミイラにする気なのだろう。
 だが、甘い!

「ゴキブリを司る俺の能力を舐めるな! 必殺・『大軍化の術!』」

 俺は能力を発動する。瞬間、俺の身体はバラバラに崩れた。
 数にして一万匹。捨て身の特攻で砂糖の嵐に挑むかかる!

『真正面から立ち向かってやるぜ! 行くぞ俺達、砂糖を食い尽くせえええええええ!!』
『『『『『やああああああああああああああああっっ!!!!』』』』』

 ボリボリボリボリボリボリボリボリッッ!!!!
 甘い砂糖を貪る俺達。ひと1人を丸呑みする砂糖は、あっという間にゴキブリの腹におさまってしまう。

「ときどき、ホットミルクが飲みたくなる人生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く