話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ときどき、ホットミルクが飲みたくなる人生

極大級マイソン

第20話「メッチャホリデー」

『フゥ〜〜ッ! フゥ〜〜ッ!』
「…………少しは落ち着いたかな? 甘子ちゃん」
『大森ィィィィィィ!! ワタシノ弱点ヲオシエタノハアンタカァァァァァァ!!?!』
「そうだよ。だって太陽くん、2回も負けて可哀想だったし。少しは勝利のヒントを教えても、バチは当たらないかなぁ〜? って思ったのさ」

 大森萎は、戯けていう。数々のチート能力を手に入れ、『最強』の二つ名に相応しい存在となった彼に、怖いものなどこの世にはないのだろう。

「取り敢えず、そのブヨブヨの姿から元に戻ったらどうだい? ちょっと怖いよ」
『フゥ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ッッ!!』

 峰長が、思い切り息を吐き出していくと、彼女の身体は徐々に萎み小さくなり、人間くらいの大きさにまで戻っていく。しかし、相変わらず彼女の身体はドロドロで、顔も醜いままだ。

「秘技・『メッチャ回復する能力』!!」

 大森がそう唱えた途端、峰長の全身が突如光り輝き出した。
 そしてあっという間に、峰長は先ほどの化け物ではない、元の人間の姿に戻っていた。

「ときどき、ホットミルクが飲みたくなる人生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く