話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ときどき、ホットミルクが飲みたくなる人生

極大級マイソン

第16話「甘美な香りは脳を蝕む」

 玄関前の道路に、峰長甘子は倒れていた。
 しかし、

「うぅ!?」
「な、何だこの匂いは……胸がムカムカしやがるっ!」

 俺と美山は、堪らず鼻を塞ぐ。あまりに甘ったるい、明らかに有害だとわかる『甘味』の香りが、辺り一面に広がっていた。

「せ、先輩っ。これは一体……」
「わからん。だがおそらく、匂いの元は峰長からだ。何となく、普段の奴から漂う砂糖の匂いに似ている気がする。しかし、これはその何百倍も酷い!」

 俺は峰長を見つめる。奴は未だに倒れ伏して、ピクリとも動かない。まるで死んでしまったかのようだった。

「ときどき、ホットミルクが飲みたくなる人生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く