話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ときどき、ホットミルクが飲みたくなる人生

極大級マイソン

第17話「怪奇・悲劇・必然」

「君のその考えは正しいよ」
「シナビっ! お前居たのか!?」

 あまりの甘ったるさに視界すら歪んで見える空間。そんな中にいた俺たちに近づいて来たのは大森萎だった。

「太陽くん。今の甘子ちゃんは溶解している」
「はっ? 溶解?」
「そう、溶解。つまり溶けてるんだ。砂糖を好み、砂糖を司るようになった彼女は、ついに自分自身も砂糖に変えてしまった。峰長甘子は、砂糖そのもの。人智を超越した化け物なんだよ」
「なん……だと……」

 峰長が化け物? 砂糖を司り、自身も砂糖に変えてしまったって?

「…………それって、驚くような事か? 彼奴ならいつかやりそうだと常々思っていたけど」
「その通りさ太陽くん。甘子ちゃんが砂糖の化け物になったのはこの際どうでもいい。問題なのは、太陽くんが甘子ちゃんに水を浴びせたせいで、彼女の砂糖が充満してしまった事さ。このままだと、匂いが学園中に広がり、全ての生物が致死濃度の砂糖を吸って死に絶えてしまう!」
「じゃあ、俺だけ逃げるわ。皆さんサヨナラ」

 俺は荷物をまとめて学園を離れようとする。
 しかしその瞬間、俺の足首を誰かが掴んできた。

「おいおい誰だよ。俺の逃亡の邪魔をするな…………」
『キサラギィィィィィィィィィィィィ!!!!』
「ギャアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!」

 振り返ると、そこには顔面を泥粘土のように歪ませ、水飴のような素手で俺の足首を掴んでいる、怪物・峰長甘子の姿があった。

「ときどき、ホットミルクが飲みたくなる人生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く