話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ときどき、ホットミルクが飲みたくなる人生

極大級マイソン

第15話「牡丹餅」

 叫び声を聞いた俺たちは、窓から顔を出す。

「どうしたんでしょうね?」
「大方、突然頭上からバケツが降って来たから、誰かが驚いたんだろう」

 そうして、俺と美山が下を覗き見ると、そこには水浸しで倒れている少女の姿があった。よくよく見てみると、それは例の砂糖女、峰長甘子である事がわかった。

「峰長先輩っ!?」
「まさか、さっきのバケツが奴に降り注いだっていうのか!? なんていう偶然だ!」

 しかしこれは、思いもよらない幸運。今なら、峰長を楽に倒せるかもしれない。
 俺たちは教室を出て、峰長のいる外の玄関前付近まで走った。

「ときどき、ホットミルクが飲みたくなる人生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く