話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ときどき、ホットミルクが飲みたくなる人生

極大級マイソン

第11話「円卓会議・小」

 放課後、俺と美山は作戦会議のために空き教室の訪れていた。

「第1回、峰長甘子を撲殺する会議〜!」
「いえ〜い……」
「さて、しかし会議をすると言っても、俺は峰長に関して何ひとつ情報がない。というか、謎の力に関しても全く知らない状態だ。そこで、美山には知っている情報を俺に教えて欲しいんだが」
「教えても良いですけど、その代わりに先輩の『黒イルカ』を見せてください」
「不味いですねえ!!」
「冗談です。峰長先輩については、私もよくは知りませんが、彼女のことを知っている人を知っています」
「それは誰だ?」
「大森萎、という2年生の方です。ご存知ですか?」
「めっちゃ知ってる奴だな」

 峰長甘子の情報収集に関しては後回しにしたほうが良さそうだ。次は、能力そのものに関してだ。

「私の場合、夜の繁華街で黒イルカを探していた際に、白い光に包まれて気が付いたら力を手に入れていたんです」
「ツッコミどころが多過ぎる」

 なんかもう、こいつとはこれ以上話したくないな。

「ときどき、ホットミルクが飲みたくなる人生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く