話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ときどき、ホットミルクが飲みたくなる人生

極大級マイソン

第12話「忠告」

「無駄な努力をしているようね、如月」
「はぁ!! 峰長、何故ここに!?」

 俺たちが会議をしている最中に現れたのは、数時間前に我が宿敵となった峰長甘子だった。この女、俺がコソコソ打倒馬鹿の策を練っていたことに勘付きやがったんだ!

「こいつ……敵情視察か! 清めた塩をプレゼントするから帰れ砂糖女っ!」
「私はわざわざ忠告しに来たのよ。貴方に、これ以上こっちの世界に介入してこないようにねっ!」
「どういう意味だ!?」
「如月……、貴方が今朝得た力は、今後の人生を大きく狂わせるとても危険な物よ。でも、今ならまだ引き返せる。貴方が自分の力を完全に自覚する前に、私達と関わらない方がいいわ。でないと多くの人が悲しむわ」
「糖質風情が、この俺様に偉そうな口を叩くなっ! お前の言っていることは、俺に能力を返したくないだけの方便だろう! そんな言葉誰が信じるかよ!」
「聞きなさい! 事は貴方だけでなく、貴方に関わる全ての人を巻き込む可能性があるのよ! それでもいいの!?」
「最高ッッ! 都合がいい肉盾が出来るって訳だ、是非もないぜ!!」
「肉盾ってニュアンス、微妙にイカガワシイですよね」
「ちょっと黙ってて貰えないかな、後輩」

 俺は美山を制止する。こいつの存在は、この俺をヒヤヒヤさせるほどに多方面でヤバい気がする。

「…………貴方が引かないというのなら、仕方がないわ。これ以上被害を増やさないためにも、少し痛い目に合ってもらうわ」
「上等だぁ! こいや砂糖キチガイがァァァァァァ!!!!」

 先手必勝。峰長が行動に移す前に、俺は奴に向かって拳を振った。

「ときどき、ホットミルクが飲みたくなる人生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く