話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ときどき、ホットミルクが飲みたくなる人生

極大級マイソン

第13話「敗北再び」

「で、またカラカラに水分を抜かれたという訳か」
「先輩大丈夫ですかぁ〜」

 峰長との戦いから30分。美山の連絡を受けてやって来たシナビが、ミイラ化した俺を蘇生してくれた。そしてシナビは、俺の口に大量の焼き菓子を詰め込んでいた。

「それにしても、貴方が大森萎先輩ですか。お初にお目にかかります、美山イヅナです」
「ご丁寧にどうもイヅナちゃん。君のことは『人物を検索する能力』で知っていたよ」
「お噂はかねがね。聞いた通り、いや、聞いた以上のチート能力をお持ちのようですね」

 シナビのつくった焼き菓子を食い終えた俺は、シナビに向き直る。

「シナビ、情報を教えろ。どうすれば峰長甘子を倒し、俺の能力を取り戻せる」
「まずは、『助けてくれてありがとう』だと思うんだけど」
「『砂糖を司る能力』…………、最初聞いたときはギャグ能力だと思ったけど、なかなかどうして、2度も敗北を味わうとその危険性がわかってくる。生身では近づくこともできない時点で、無能力者の俺には大きなハンデだからな」
「感謝の言葉は無し、か。……甘子ちゃんの能力で、一番不味いのはそこなんだよね〜。あの砂糖の嵐は、全生物にとっての災厄だよ」
「だからシナビ。俺は、奴の弱点が知りたいんだ。お前なら知ってるんじゃないのか?」

 シナビは、考えるそぶりを見せ、そしてこう答えた。

「峰長甘子の弱点。それは、『水』さ」

「ときどき、ホットミルクが飲みたくなる人生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く