話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ときどき、ホットミルクが飲みたくなる人生

極大級マイソン

第14話「奇策と他力本願」

「バケツは持ったか、美山っ! こいつを砂糖女に被せれば、彼奴は弱体化するはずだ!」
「重いですよ〜先輩ぃ〜!」

 シナビから峰長の弱点を聞き出した日の翌日。俺と美山は早朝、2年の俺の教室に来ていた。
 峰長は、まだ来ていない。奴がこの教室に来た瞬間、バケツいっぱいに詰まったこの大量の水を、奴に浴びせてやるって作戦だ。それで峰長甘子は弱体化する……はずだ。

「いいか美山、これはタイミングが重要だ。教室に入り、油断している合間に、峰長に水を被せなければならない。つまり、お前の判断に全てがかかっている。わかるな?」
「ていうか先輩がやってくださいよ! 後輩の女子に重いものを持たせないでください〜」
「ヤダよ、俺は。だって疲れるもん」
「捨てますよこの水!」

 そう言って美山は、バケツを窓に投げ捨てた。

「おい!ここ2階だぞ!?」
「責任を問われたら、如月先輩にイカガワシイ事されたって言います!」

 こいつ、容姿に反してなんて悪どいことを企みやがるんだ!
 そして、俺が美山に慄いていると、途端に窓の外から叫び声が上がった。

「ときどき、ホットミルクが飲みたくなる人生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く