話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ときどき、ホットミルクが飲みたくなる人生

極大級マイソン

第8話「暴虐、賴き仲間」

「ここがシナビの言っていた奴がいる教室か。一体、どんな輩が待ち受けているのか」

 俺は、1年生の教室に来ていた。慣れない教室の扉を開くと、1年生の視線を一斉に受ける。

「おい、ここに美山イヅナって奴はいるか? 2年の如月が呼んでるって言って欲しいんだけど」
「み、美山は私ですけど……」

 すると、いかにも大人しそうな少女が手を挙げた。どうやら彼奴が美山のようだ。
 俺は「ちょっと来い」とジェスチャーをし、美山を教室の外へ連れ出した。

「な、何の御用でしょうか?」
「そう警戒するな。お前、能力者なんだってな。ちょっと協力して欲しいことがあるんだ」
「イカガワシイことですか!?」
「ちげーよ。峰長って奴を倒したいから、手を貸して欲しいってだけだ」
「ああ、なんだガッカリ……」

 何を言ってるんだこいつは……。

「峰長さん! あの《砂糖日和メルヘンチック・スメル》の二つ名を持つ、あの峰長甘子先輩ですか!?」
「そんな二つ名で呼ばれてたのか彼奴」
「あの人が動き出したということは、また戦争が始まるということですね。わかりました如月先輩、私も峰長先輩を倒すために協力します!」
「おお、頼んだぞ」

 美山イヅナが仲間になった。

「ときどき、ホットミルクが飲みたくなる人生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く