話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ときどき、ホットミルクが飲みたくなる人生

極大級マイソン

第5話「決闘」

「遂に力を手に入れたようね如月! さあ、私と勝負しなさい!」
「お、お前は、峰長甘子!! 砂糖キチガイのお前が何故ここに!?」
「そりゃ同じクラスだからよ」

 峰長が真面目に答える。全くもってその通りだ。
 奴の名は峰長甘子。自他共に認める砂糖大好き女だ。どれくらい好きかというと、お菓子づくりが趣味のシナビのケーキなんかを砂糖まみれにして食っちまうくらいやばい奴だ。その徹底した砂糖主義は、よく周りから『あいつ、砂糖キメてやがるっ!』と言われるほど根が深い。そんな訳で、峰長甘子はクラスカースト底辺であり、そして学園でも有名な危険人物とした周囲に認識されているのだ。

「バトルよ如月っ! 貴方の得た能力を使って、この私と勝負をしなさい!」
「面白え! ちょうど、この力を試す相手が欲しかったところだ。勝負だ峰長っ!」
「気をつけろ太陽くん。甘子ちゃんの能力は、これまで幾人もの人達を屍にしてきた。油断してると痛い目に合うよ」
「上等っ!!」

 俺は身構え、峰長と対峙する。力を手に入れてから初めてのバトル。期待で胸がはち切れそうだぜ!

「行くぞっ!」
「覚悟しなさい!」

 *****

 1分後。
 俺は、ミイラになっていた。

「ときどき、ホットミルクが飲みたくなる人生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く