なんで勇者じゃないやつも召喚するんだよ

薬草取りはずが・・・

「さて、今日はどうするか・・・」

今日はどうするかで、宿で二時間ほど考えた結果普通に採集クエストを受けることにした。
ギルドに行き薬草採集クエストを受けることした。 

いつものように城門でカードを見せると通れたので森に向かう
















ーノボルが森に向かった同時刻ー

ギルドに緊急の情報が入った
近くの森でフェンリルを目撃したと言う商人が、表れた
ギルドはすぐに対策をした
森の外側を完全に封鎖した、これで対策は取れたと思っていたのだが、城門の兵士が一人森の中に行ったと言うのだ

「ギルド長、一人冒険者が森に!!」

「その冒険者の名は」

「ノボル・イシカワです」

「そうか・・・」

「彼はEランクですよ?死んでしまいます!!」

「まぁ、彼のことだおそらく大丈夫だと思うが念のために捜索隊を結成して森の奥地には行かないが手前辺りまで捜索しろ」  

「はい!!」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




「お、薬草みっけそれにしてもモンスター少ないな・・・まぁそっちの方が好都合だし少し奥に行こうかな」

この時ノボルはこの森が、今危険な状態にあるのを知らなかった為奥地に足を踏み入れた









ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「まだ、彼は見つからんのか!?」

「はい、今は4つの班に分かれて捜索していますが・・・」

「ギルド長!!」

一人の男性職員が急いで入ってくる

「入るときはノックをしろ。で、何のようだ」

「すいません、それより森の奥の方におそらく彼と思われる足跡が続いてました」

「なに!?それはまずいぞ」

「それと森の奥地から爆発音が・・・」

「もう、遭遇したのか・・・私も現場に行く」



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「奥地まで来たのは良いけど薬草ねぇかな、一応、狩人ハンターアイ

敵の位置を確認してみると一匹オオカミのようなやつがまっすぐこちらに向かってくるのが分かった
なにか様子がおかしいと思ったが、その意味が今要約分かった

疾風はやてでオオカミのようなやつに向かって素早く近づくこのまま行けば衝突する。
あえて左手に短剣を持ち
あと衝突まで数秒のタイミングで

「貫け、我が光の槍よ!!」

詠唱しつつ左手の短剣をまっすぐ投降すると同時に

「第四等級 ホーリーランス!!」

右手に表れた槍を短剣と同じように投げる、オオカミのようなやつは短剣を交わすために動いたためこの槍は交わせない
そのまま槍はオオカミのようなやつの体をまっすぐ貫通した

「なんで勇者じゃないやつも召喚するんだよ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く