話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

なんで勇者じゃないやつも召喚するんだよ

ギルド長とご対面

気づいたら辺りは真っ暗になっていた、それに自分の居る場所が分からないオークを追いかけて森の奥まで来たのだろう

「どうやって帰ろうか・・・」

帰る方法を考えていると近くの茂みで音がした 
すぐさまその茂みの方に低姿勢で身構えた

「くるか・・・?」

「ガャァァァ」

草むらからゴブリンが飛び出してきた

「はっ」

飛び出してきたゴブリンの攻撃をバックステップで避けてた

「はぁぁぁぁ!!」

それから地面を踏み込み一気に距離を詰め短剣を刺した

ゴブリンは光の粒子になり消え魔石だけ残った

その魔石を拾い、歩き出した

歩いていると大きな木があったので、
その木を登り大きな枝で寝ることにした

目が覚めると太陽は空に昇っており枝の上に立つと遠くの方に街が見えた、恐らく王都だろう、登は木から降りると王都を目指し歩き始めた

途中にゴブリンや兎に角が生えたホーンラビットにも出会ったが普通に倒していった

森を出て王都に向かい、冒険者カードを見せ城門を通りギルドへ行った

「ふう、ようやく着いた」

まずはギルドに報告しないといけないな

ノボルはギルドの中に入り受付に報告したら何故かギルド長の部屋に通された

「失礼します」

ドアをノックしてから入った

すると中には若い女性がいたが耳が少し尖っていたので恐らくエルフなのだろう

「私がノボル・イシカワです」

「私がギルド長のマリオンです、帰ってきていきなり呼んですみません」

自己紹介と同時に謝ってきた

「い、いえ大丈夫ですよ、呼び出されるのは覚悟してましたから」

「そう言って貰えると助かります」

「さて、本題に入りましょう、森の中でのオークの討伐についてですがここ最近では森の奥でもオークの討伐は認されてませんでした」

「なら、何故あのようなクエストを?」

「それは一応オークの警戒と言いますか居るのだったら奥地で倒す、為ですね人里に来ないようにするために」

「なるほど」

「それに、オークが確認された場合、近くにゴブリンの巣などが有る場合がありますから」

「ですから、森の奥地まで言った貴方に森の様子を聞きたかったのです」

「そうでしたか、自分からすれば森は特に異変が無かったと思いますよ、まだ経験が少ないので気づいてないだけかもしれませんが・・・」

「そうでしたか、ありがとうございます。もう、退出して貰って構いませんよ」

「失礼しました」

ノボルはそのまま部屋を出るとギルドを出て宿に向かった

「なんで勇者じゃないやつも召喚するんだよ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く