なんで勇者じゃないやつも召喚するんだよ

VSオーク

「グギャッ」
短剣をゴブリンの喉元に刺した
これでゴブリンは四体目、あとはオークのみとなった

「オークはあの位置か・・・ん?人影が三人居るな、オークと戦っているのか?」

狩人サーチアイを使いながらオーク位置を確認していると人影が三つとオークが対峙しているのが確認出来た

「様子を見るか、第二等級魔法 疾風はやて

そう言うと先ほどの走る速度の三倍ほどになり森を駆け抜けた
見える位置まで移動して気配断絶を使い隠れた

「ちょっと頭が痛いな、ステータスオープン」

 
─────────────────

名前 石川いしかわのぼる

職業 召喚士

Lv8

HP 500(800)
MP 750
AT 550
DF 550

スキル 鑑定、偽装、異空間収納、剣術 独自魔法 気配断絶 

ユニークスキル 召喚、能力開放 

称号 巻き込まれし者

─────────────────

「5もレベルが上がっているな、それとMPを消費してるな、気をつけて行動しないと」

「さて、様子を見るか」

隠れてから登はオークと戦っているパーティーを見た

パーティーの編成は前衛で両手剣を持っている男性と後方で弓を使ってる男性と杖で魔法を出してる女性がオークと戦っていた

オークが叫びながら手に持っていた棍棒を振り上げ突っ込んだ
それを男性が受け止め、後衛二人が攻撃をした、しかし余りオークにはダメージを与えれた無いようだ、それに引き換え魔法使いの女性は息を切らしていて、男性のほうもあと二、三回受け止めれるのが精一杯だろう さすがにこれ以上は危なそうなので加勢することにした

「第三等級魔法 雷光ライトニング

オークに向けてレールガンような感じて電撃を放った

「ブムォォォォ!!」

電撃はオークの右腕に当たり右腕を吹き飛ばした

「おい、大丈夫か」

「あ、あぁ、大丈夫だ」

そう返事したのは両手剣を持った男性だった

「なら良かったよ、そっちの二人も大丈夫か?」

「は、はい」

「大丈夫よ」

女性二人も大丈夫だったみたいだ

「あ、あんたは・・・」

「俺は登さ、E級冒険者さ」

「E級だと・・・ばか「ブムォォォォ!!」

片腕の無いオークが雄叫びをあげながら突進してきた

男性はすぐさま剣を構えたがオークのタックルを喰らい飛ばされた

女性二人はそれを見て恐怖になったのか武器は持っているものの足が震えていた

「第三等級魔法 落雷サンダーボルト

タックルをした後少し止まったタイミングで落雷サンダーボルトを使った

オークは脳天を雷が貫き声を出す前に死んだ、そしてオークの魔石だけがその場に残った

登はその魔石を拾い上げると異空間収納アイテムボックスに入れて次のオークを狩りに行こうとした

「た、助けてくれないんですか!?」

弓を持っていた女性が言った

「助けたぞ?オークからな。それに俺はポーションも持ってないそれに、あんたらは持ってるんじゃ無いのか?」
(嘘です本当は持ってます)

「そ、それはその・・・」

女性は歯切れが悪くなった
(ここまで来るのとオークの戦闘で使い切ったのか・・・)

「じゃあな、その男が起きたら一緒に街に帰れよ」

そう言ってやった、そして次のオークの場所まで急いだ。後ろから罵声が聞こえたが知ったこっちゃ無い今はランク及びレベルを上げる目標があるから・・・ 

「なんで勇者じゃないやつも召喚するんだよ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く