なんで勇者じゃないやつも召喚するんだよ

休憩してまた戦闘

宿屋の中は予想外に広かった、入り口からすぐ横に受付があり左側にある大きな部屋は食堂だろう、そして入り口からまっすぐ行くと恐らく部屋があるのだろう
部屋が空いてるかが気になるので
受付にいた人に聞いた
「あの~、部屋空いてます?」 
「部屋ですか?空いてますよ」
良い笑顔で言われた
「一週間泊まりたいのですが」
「一週間ですね、前払いで銀貨一枚です。」
そう言われ銀貨一枚出した
「これが部屋の鍵です。場所は1階の一番奥です、ちなみに朝食は6:00-9:00、夕食は18:00-20:30までの間ならお作りいたします。それと身体などを洗いたい場合は受付でタオルとお湯を渡しますので。」 
「ありがとう」
そう言って登は部屋に向かった

部屋の内装は至ってシンプルだった
壁と床は木材、あとは小さめの窓、ベッドと小さめの机とソファーと個室でトイレがあるだけだった

登は机に荷物を置くとベッドの上に寝転がりそのまま静かに寝静まった。

翌朝、窓から入ってくる太陽の光で目が覚めた。
「ん、んん、もう朝か・・・」
眠そうにベッドから出て、荷物を持ち食堂に向かった

「ここが食堂かぁ」
食堂は想像より広かった。
近場の空いてる机に座ると定員が来て
「AセットかBセットどちらにします?」
 と聞いてきた
「ここに昨日着たばかりなのでAセットとBセットの違いを教えてくれませんか?」
「昨日来たばかりでしたか、Aセットは、パンにウインナー Bセット、はパンに目玉焼きになっています」
「ならBセットで」
「分かりました、少々お待ちください」
そう言うと定員は頭を下げてから厨房のほうへ向かった

少しするとさっきの定員が頼んだご飯を持ってきて
「お待たせしました、Bセットです」 
そう言って机に置き厨房のほうへ戻っていった

置かれた皿にはトースト一枚と目玉焼きがあった、どちらも美味しそうだ
「いただきます」
そう呟きトーストと目玉焼きを食べた

その後部屋にいったん戻り準備した後受付に鍵を預けギルドへ向かった

大通りはまだ人はまばらで商品を仕入れている商人や開店準備をしてる商人と冒険者がいるくらいだった

ギルドの前にたどり着いたのでギルドの扉を開けて中に入ると、昨日はどは居なかったが結構な量の人が居てあちこちで話し合ったり、クエストを悩んでたりと様々だった、俺は一直線にクエストボードに行き、[オーク討伐]
と書いてある紙を取った。

[オーク討伐]
 D-Cランククエスト
 討伐目標 オーク
 数は無制限 討伐数に応じて報酬が
       出る

この紙を受付の人に持って行くとすごく止められたが受けると言ってギルドからでて城門を抜け、昨日行った森へ着ていた

「さて、ステータスオープン」

─────────────────

名前 石川いしかわのぼる

職業 召喚士

Lv3

HP   550
MP  500
AT   300
DF   300

スキル 鑑定、偽装、異空間収納、剣術 独自魔法 気配断絶 

ユニークスキル 召喚、能力開放 

称号 巻き込まれし者

─────────────────

「お、レベルも上がってるしステータスも上がってるな」

「あとはこの独自魔法・・・試しに使ってみるか」

「第一等級魔法 狩人サーチアイ

すると近くにゴブリンが五体、少し遠くにオークが四体いるのが分かった、それとオークやゴブリンが持っている武器の種類まで分かった、ステータスはまだ無理みたいだ、レベルを上げれば恐らく見えるのだろう

「さて、この 気配断絶 ってのを使って近づくか」

登は気配断絶を使い近くに居るゴブリンに近づいていった

「なんで勇者じゃないやつも召喚するんだよ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く