話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

なんで勇者じゃないやつも召喚するんだよ

とりあえずスキルは貰えた

「スキル?」
 「そう、スキル」
 「ゲームとかのあれで良いのか?」
 「大体そんな感じかなぁ~」
 「で、どんなスキル貰えるんだ?」
 「ん~、君は巻き込まれだからね・・・特  
  別にいくつかのスキルを上げるよ」
 「ほんとか!?」
 「うん、与えるスキルは鑑定、偽装、異空 
  間収納アイテムボックス、剣術、かな」
 「あれ?特別なスキルは無いのか?」
 「それは向こうに行ってからのお楽しみか 
  な、じゃあ、転送準備するね?」
 彼女がそう言うと俺の真下に魔方陣が浮か び上がった
 「わかった、いろいろありがとな」
 「あ~、向こうに行って魔王討伐とかした
 くなかったら偽装でステータス変えた方が
 良いよ~」
 「わかった」
 「じゃぁね~」
 彼女がそう言うと俺は光に包まれた

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 「登、登起きろ」
 「ん…光輝か・・・」
 「そうだ、ここどこか分かるか?」
 「うーん、知らないところだな」
 俺達がこんな会話していると部屋の扉が開き、中央の派手なドレスを着た少女と鎧姿の複数の男達が入ってきた
 「皆さん、落ち着いてください。」 
 「誰だ、あんたは?」
 そう言ったのは見た目が厳ついせいでよく不良と間違われる安川 五郎だ
 「これは失礼しました、私はレオノール王
 国第1王女のミリオン・アルス・レオノール 
 です。訳あって皆様をこの世界に召喚させ
 ていただきました。そして、今から私の父
 である国王様と会って頂きます、質問など
 もその時に受け付けますので着いてきて下
 さい。」
 そう言われるとクラスメイト達はその王女様に着いていきその周りを鎧を着た男達が囲む感じで国王のいるところまで向かっていた。

「なんで勇者じゃないやつも召喚するんだよ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く