チートな神候補が行く異世界珍道中

ぐれむりん

No.3

【それでは転生を始めますが、その前に上位権限保持者よりメッセージが来ております。

開示しますか?】

何か大物から連絡が来たよ⁉

でも色々助けてくれたし良いかな?

「メッセージを開いて。」

【了解しました、メッセージを開示します。

<あーどもども、此方は上位権限保持者です。

君にはこの度、非常に楽しませて貰った。

よって今回君を観ていた上位権限保持者全員からプレゼントが有ります。

色々と便利な物を君の『無限収納』に入れておくから転生したら確認してみてよ。

(追伸『導く者』からは見えませんが、彼女は私達の娘です。

まさか女の子相手に嫁に出すとは思わなかったけど、幸せにしてあげてください。

上位権限保持者一同より)>以上です。】

おぉう、まさかのカミングアウトが…まあ良いか、了解しました絶対に幸せにして見せます。

【転生を始めます、一時的に意識を失いますが直ぐに目が覚めるのでご安心を。

それではお休みなさい、マスター。】

「チートな神候補が行く異世界珍道中」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く