話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

君は僕の気持ちを知らない

ノベルバユーザー13583

驚きの事実と呼び方

今日、僕は衝撃の事実を知ってしまった…

それは、僕が学校帰りにそう初めて制服姿のままで未来ちゃんに会いに行った日の事です。

コンコン

『どうぞ。』
病室から返事の声が聞こえ、僕は取っ手を握りドアを開ける。

『こんにちは。未来ちゃん。』
僕はいつも通りに未来ちゃんに挨拶して病室に入った。

いつもなら、『こんにちは。樹さん。』と挨拶を返してくれる未来ちゃんが今日は返事が帰ってこなかった。

『どうしたの?未来ちゃん?』
僕の姿を見て固まっている未来ちゃんに聞き返した。
『いえ、樹さんが制服姿で来た事驚いてしまって…』

何故、僕が制服姿でいる事が驚きなのだろう?と僕が考えていると

『樹さんって高校生だったですね。てっきり、大学生だと思っていました。』
彼女は僕の疑問の答え言って笑った。

うん…これって案に僕が老け顔だって言われているのだろうか…

僕がそんな事を考えていると彼女はさらに爆弾発言を発した。

『まさか、樹さんも私と同じ高校に通っているのですね〜
あっ、樹さんって3年生ですよね。て事は私の一つ上ですね。』

『えっ…』
今彼女は何って言った…
同じ高校?僕が3年生?私の一つ上ですね?
まず、僕は高校1年だ。いや、そんな事よりも未来ちゃんが高校生?見た目どう見たって小学高学年か中学1年生ぐらいだろう…
しかも会話の内容的に未来ちゃんは高校2年生だと言っている。
そんなバカな…

僕が驚いて何も言えない状態に首をかしげる未来ちゃんに僕らの勘違いを説明するあたって一番適切な言葉を僕は言った。

『えっと…今までタメ口で喋ってしまいすいません。未来先輩…』

未来先輩は笑顔のまま何冗談言っているの?みたいな顔で僕を見ているが僕がそれから何も答えない事からさっき僕が言った発言が冗談でないことを察し…

『ええぇーーーーーーー!!!!』
と未来先輩の声が病室に響いた。




『まさか、樹さんが私の後輩だなんて…』

『えっと…僕もまさか先輩が高校生でその上先輩だなんて何の冗談…』
かと思いました。と言う前に未来先輩から鋭い目付きで睨まれてそれ以上言うのをやめた。

未来先輩は見た目がロリ…では無くて少し幼い事がコンプレクスなのだろう。

ちなみに、今回の事で自分が老け顔だという事が発見してしまい。永井 樹に新たなコンプレクスが生まれてしまった瞬間でもあった。

ヤバい、マシでショック…


『えっと、未来先輩…』

『樹さん、先輩呼びはやめてくれませんか?何かすごい違和感があります。』

『そうですよね。なんとなく、僕も言っていて違和感がありました。それでは、なんて呼べばいいでしょうか?』

『えっと、出来れば呼び捨てでも良いですよ?』
何故、疑問形と思ったが口には出さない。
そのせいで、日本語がおかしい…

『じゃあ、僕の事もさん付けではなくて呼び捨てで呼んでください。』

『それはちょっと…君付けではダメですか?』
『なら、僕もさん付けでいいですか?』
『それはダメです。』

なんでだよ…

彼女は笑顔のまま僕の意見を却下する。

何故ですか?と言ったら彼女は先輩命令です。と笑顔のままうむも言わさない圧力で言われ結局僕らの呼び方は呼び捨てと君付けになった。







「君は僕の気持ちを知らない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く