話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

君は僕の気持ちを知らない

ノベルバユーザー13583

出会い

『どちら様ですか?』
そう言った彼女は僕から視線を離さずじっと僕の瞳を覗いてくる。

彼女に見られているとまるで心を見透かされているような気分になる。

『えっと、これを拾いに…』
僕はそう言って床に落ちている500円玉を拾って彼女に見せる。

『500円玉…くすっ』
彼女は僕の返答がツボに入ったらしく笑った。

しかし、僕は彼女に笑われているが、不思議と嫌な気が湧いてこなかった。

『すいません。笑ってしまって。私の名前は清水 未来です。』

彼女は何故だか自分の名前を言う所だけやけに悲しげに言ったように感じられた。

『えっと、僕は永井 樹です…』
僕が彼女に対しての第一印象は小さいのに言葉使いが丁寧だなであった。

『えっと、永井さんは何でこの病院に来られたのですか?』

『父の見舞いだよ。』

『永井さんのお父さんは何かの病気かかったのですか?』

『いいや、違うよ。ただのギックリ腰だよ。』

『それはよかったですね。』
彼女はホットした表情で言ったが僕にはどこか彼女が羨ましいそうな表情で言ったようにも思えた。

それから、俺は清水ちゃんと色々な話をした。

自分の家族がどれだけバカ夫婦振りで自分がいかに振り回されてきた話や自分のやってしまって恥ずかしい失敗談など。

こんな恥ずかしい話、普通は絶対に初対面の人にはしない。けれども、何故か彼女には自然と話す事が出来た。

僕は何故だか彼女にはずっと笑って欲しかった。

そして、清水ちゃんは笑顔で僕の話を聞いてくれていたがやっぱりどこか本心の部分で別の感情を抱いているように思えた。

最初は自分の話が退屈でくだらなく、聞くに耐えないかと思った。

しかし、清水ちゃんをよく見てみると妬みと諦めと言った感情を持っているように思えた。

僕がバカ話を話しているとピロン!とポケットから音が鳴る。

確認して見ると『樹まだか〜父さん腹が減って死にそうだ〜』と言うラインが飛んできた。

『ごめん、父さんが腹ペコで死にそうだ〜って言うラインがきたから行くね。』
僕は清水ちゃんにそれだけ伝え病室を出る。
清水ちゃんは最後に『宜しければまたきてくださいませんか?』
と言ったので僕は『うん、また来るよ!』だけ伝え病室を出た。

ーーーーーーー

僕はさっきの会話中、一度も彼女の事を聞かなかった。
もし、聞いてしまえば僕が彼女に同情してしまうと思ったからだ。

何故、彼女は赤いニットを被っていたのか…
8月が終わったと言ってもまだまだ暑い季節それなのに彼女はニットを被っていた…それがどう意味を表すのかぐらいわかる。

きっと、彼女は同情なんてものを望んではいない。

僕は売店で頼まれていた物を買った後、父さんの病室に入った。

父さんは『えらく遅かったな。何かあったのか?』と聞かれたが僕は『何でも…』とだけ答えると父さんは『そうか。』と言い、それ以上聞いて来なかった。

ーーーーーーー
病院を出る頃には外は夕焼けになっていて僕はそれを見て綺麗だと感じた。それとは逆に僕の心には虚しさが広がった。

帰り道、交差点を右に曲がると石段が見える。
この石段を登ると神社がある。

僕は何となくその石段を眺めたのち、登る事を決意する。

最後にこの石段を登ったのは今年の冬である。幼馴染の鈴音と一緒に受験の合格祈願した時だ。

僕は何度かこの神社に来た事があるが実際この神社の神様が何の神様か知らない。

長年住んでいるのだから普通は知っていて当然なのだろうが、どうしてか僕は興味がなく知ろうと思わず誰にも聞かなかった。

僕は長い石段を登ると神社が見えた。
僕はそこにお賽銭を投げ込み、二礼したのち、手を二回叩き願う。
『彼女の病が治りますように』とそして最後に一礼して神社から離れた。

僕がなぜ初めて出会った彼女対して願ったのかわからない。
でも、何となくそうしないといけないような気がした。

僕が家に着く頃には外は真っ暗であった。





「君は僕の気持ちを知らない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く