異世界奮闘、チート兄

嚶鳴

過去2

15歳になった少女は、街にでることもあり、色々な人と関わるようになっていた。

誰もが少女の髪の色を見て訝しんだめを向けていたが、それでもめげずに話しかけることで、ある程度普通に対応されるまでにはなっていた。

少女は、どんな扱いをされても、相手のことを多少は好いていたのだ。

ただ1人を除いて。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コンコン。

と、玄関から来訪者を告げるノックが鳴る。

それに気づいた母親が、嫌そうにしながらも、扉を開けて、その人物を迎え入れた。

「ああ、……用が終わったら、早く帰ってね」

「まったく、酷いなあ、姉さんは。そんなに冷たくしなくてもいいじゃないか」

そんな軽薄な感じのする男の言葉を完全に無視し、案内する。

それに肩をすくめた男は、黙って後に続いた。

それを見た少女は、怯えながらソファーの後ろに隠れた。

父親も、顔をしかめている。

そんな風に、家族全員に嫌われながらも、こうして家に招き入れているのは、昔、少女の父親が大怪我を負い、それをこの者に借金をしながらも治療したからであった。

それに、この男は母方の叔父である。

しかも、村長であり、人望も厚い。

ここで無下に扱えば、少女の立場がさらに悪くなるのが目に見えていた。

故に、どんなに嫌っていても、取り敢えず家に招き入れるくらいはするのだ。

「はい、お金。もういいでしょ?」

雑に机の上に硬貨の入った袋を置くと、すぐさま帰るように言う。

「はいはい、分かったよ。……おや、イリスちゃんじゃないか」

そう言って立ち上がった男は、隠れていた少女を目ざとく見つけると、

「またくるね、イリスちゃん」

そう言った。

ゴミを見るような、蔑むような濁った目で。

それを見てさらに身を強張らせる少女。

「早く帰りなさいよ!」

それに気づいた母親が怒鳴る。

これが、家族全員が男を嫌っている理由だ。

この男は、極度の吸血鬼至上主義なのだ。

だからこそ、忌子であるイリスは吸血鬼でありながら、種族を穢す存在として汚物のように扱われていた。

「おお、怖い。じゃあ、姉さんの言うとおり、僕は帰らせてもらいますかね」

そう言い残して、男は去っていった。

家族に、これ以上ない嫌悪感を残して。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

時は変わって、少女の誕生日前日である。

早起きした少女は、ご機嫌で鼻歌を歌いながら朝ごはんを作っていた。

リビングへと降りてきた両親は、それを見るなり微笑んだ。

「あら、イリス。朝ごはんを作ってくれてるの?」

「はい!今日は、お父様もお母様もお出かけなさるので、頑張ってみました!」

今日は、両親がイリスの誕生日プレゼントをみつくろいに、少し遠出するのだ。

といっても、すぐに帰ってくるので、サプライズのために、少女は留守番だ。

「へえ!イリスが作ってくれるのか!いい匂いだな。早く食べたいよ!」

「ちょっと待ってください、もうすぐ出来ますので!」

そう言ってさっさと皿に盛り付けると、食卓へ配膳する。

「はい!じゃあ食べましょうか!」

……朝食を食べた後、両親は馬車へ乗りこんだ。

「いい?ほんの少しだけど、誰か来ても開けちゃだめよ?」

「危ない人が来るかもしれないからね?」

「はい、分かりました!」

その返事に満足した2人は、気の済むまで少女を抱きしめた後、馬車で出発した。

「いってらっしゃーい!」

……少女は両親を見送った後、掃除や洗濯などの家事をしていたが、すぐにやることがなくなり、自室でぼーっとしていた。

「早く帰って来ないでしょうか……」

だんだん寂しくなったのだろう。

少女の声は若干涙声であった。

ドンドンドン!

玄関から今まで聞いたことの無い、荒々しいノックの音がする。

少女はそれに怯えながらも、相手が誰なのか気になり、覗きにいった。

そこには、あの叔父が、息を切らして扉を叩いていた。

益々怯える少女。

しかし、次の言葉でーー

「大変だ!姉さんと兄さんが魔物に襲われた!」

目を見開き、驚いた。

……様子を見に行った少女が見た両親は、包帯に巻かれながらも、すやすやと穏やかに寝息を立てていた。

安静にせねばと、一度家に帰された少女は、不安を抱え、ベッドに飛び込む。

お父様とお母様はどうなるのだろう。

そんなことを考えながら、眠りについた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

翌朝、両親のことで話があると呼ばれた少女は、村の広場にきていた。

そこにはたくさんの人がいた。

どうやら村人全員が集められたらしい。

なにがあるんだろう、などと聞こえることから、どうやら少女以外は何も聞かされていないらしい。

ざわざわとみんなが騒ぐなかで、少女の叔父が舞台の上に立った。

「みんな!聞いてほしい。……昨日、僕の姉さんとその夫が……魔物に襲われたんだ」

再びざわざわと聴衆が騒めくが、魔物の襲撃など良くあることなので、なぜこんなにも大袈裟にしたのかが分からない。と行った様子で首をかしげる者が数名いた。

それを見た叔父は、悲しそうな、憤った表情をしながら続ける。

「いま、治療を済ませて、こっちへ来て貰ったんだ」

叔父がそう言うと、2人が顔を見せる。

やはり完全にはまだ治っていないのか、所々に巻かれている包帯が痛々しかった。

「そして、この襲撃は、……偶然なんかじゃなかったんだ。……これを、引き起こした犯人がいたんだよ」

それを聞いて数人の聴衆が、誰だ誰だと犯人探しを始める。

それが広がり、全体に行き渡ったとき、叔父は口を開いた。

「信じたくなかった。彼女だなんて……でも、これを見てくれ!……これは、2人を襲った魔物の毛だったんだ」

そう言って一本のブラシを見せる。

その時、少女の心臓がドクンと跳ねた。

「う、嘘……あれは……」

信じられないといった様子で呟く。

当然だ。

何故ならあれは自分のヘアブラシだからだ。

「このブラシを見つけたのは、イリスちゃんの部屋だったんだ。僕も彼女がこれを使った所を見たことがある。……信じたくないけど、2人の娘、イリスちゃんが犯人なんだ」

そこまで言い切った叔父は、一瞬、少女の方を見て、にやり。といやらしい笑みを浮かべたが、気付く者は居なかった。

どよめく聴衆。

「ち、ちが、わ、私じゃない」

そもそも、ヘアブラシで獣を梳く人などいない。

当然のように少女も弁解するが、彼女は忌子。

誰も少女の言葉など聞かない。

犯人だと決めて疑わない。

最低だ。 恩知らず。

そんな言葉が投げかけられる中、聞こえてしまった。

見てしまった。

両親の発した、

ーー『忌子』なんて、育てるんじゃなかった。

という言葉と、自分に向けられる、冷たい視線を。

深い絶望で、目の前が真っ暗になる少女。

そんな彼女が、両親の不自然に虚ろな目に気付くはずもなくーー

ただ立ち尽くす少女には、侮蔑の言葉が、投げかけられ続けた。

「異世界奮闘、チート兄」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く