異世界奮闘、チート兄

嚶鳴

生贄

「く、クオくん、フィリアちゃん、ルノちゃん。……聞いておったのかね。」

ルノの名前が上がったことに驚いて、後ろを振り返るクオ。

そこには確かに、ルノが立っていた。

「……ん。全部聞いてた。……説明して」

思考が停止していて話せない二人に代わって、ルノが切り出す。

「説明して貰え……ますか?」

ルノの言葉に少し落ち着きを取り戻したクオも尋ねた。

しかし、まだ動揺しているのか、怒っているのか、フィリアとアーシャの前で素に戻りかけていたが。

「もちろんじゃ。……といっても、龍が生け贄にフィリアちゃんを選んだこと、その日が……2週間後だということ位しか分かっておらんのじゃ」

「なんでそんなに情報が無いんですか?」

「龍の生け贄は不定期で、選ばれる基準も分かっていないんじゃ」

「なるほど」

そう呟くクオだったが、大体の検討はついていた。

おそらく、フィリアの持つ龍神の巫女の称号が原因だろう。

ふと、何気なくフィリアの方を見る。

フィリアは、呆然としていた。

「フィー……」

「へ?あ、はい。どうしましたか?」

状況を理解していないのだろう。

当たり前だ。

あなたは近いうちに死にます。などと言われて、そうですか。などと答えられる人間などいないのだ。

フィリアが惚けるのも当然だった。

「……フィー。今日は寝ましょう」

「……はい。わかりました」

クオの差し出す手をとり、連れられるがまま自室へ戻っていき、それに2人もついていく。

リビングには、今回のことの原因である老人が1人、取り残されていた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

静かになったリビングでは、クオとルノとアーシャの3人が机を囲んでいた。

フィリアはあの後すぐに寝てしまったためいない。

重々しい沈黙が続いた後、クオが口を開く。

「それでは、2週間後までに何をするか決めましょうか」

その言葉に2人が頷く。

「まず、僕は情報収集をしたいと思います」

明らかに情報が足りないためだ。

幸い、クオにはアスタがいるため、情報収集に困ることはないだろう。

「私たちは何をすればいいかしら?」

「……そうですね。……どうしようもない時はフィリアを連れて逃げようと思っています。なので、お母様にはその経路の確保をお願いします。……ルノは、どの状況にも対応できるよう、待機ということにします」

待機という言葉に難色を示したルノだったが、することはその2つ以外ありそうもなかったため、渋々頷いた。

……実は、ルノには話していない理由があったのだが。

「それぞれがどうするか決まったことですし、今日は休んで、行動に移すのは明日からということで、いいですか?」

「……ええ、そうしましょう。焦っては駄目だもの。……2人とも、おやすみなさい。」

「ん。おやすみ」

そうして、2人は部屋へと戻っていった。

クオも自室に戻ると、アスタへコールを使用する。

『はい、お久しぶりですクオさん。今日はどうしたのですか?』

『ああ、ちょっと聞きたいことがあってな』

『何でしょう?』

『この近くにいる龍が、フィリアを生け贄に捧げろっていってきてな。……おそらく龍神の巫女って称号のせいだとは思うんだが……。その称号がどういうものかわからないからな、理由が分からないんだ』

『……そうですね。たぶん、その龍はフィリアさんを眷属にでもするのではないでしょうか?』

『……眷属?』

『はい。龍神の巫女という称号を持った人は、15歳で自らも龍になるのです。……現存する龍が直接魔力を注いだ場合ですが。しかし、何のきっかけもなく龍化する者もいます。……龍の監視はそこまでしていませんから、具体的なことはわかりませんが、おそらく龍化するまえに己の眷属にでもしようとしているのではないかと。……すみません。推測しか話せなくて……』

『いや、充分だ』

これで、ある程度逃げたとしても、他の龍などに狙われるだろうことが分かった。

クオは早急に、何とかするだけの実力をつけなければならなくなった。

『クオさん』

『あ?』

『無理だけは……しないでくださいね』

『……』

それにクオは何も答えなかった。

『……そうですか』

その沈黙にクオの気持ちを悟ったアスタは、悲しそうに呟く。

そのままコールを切ったクオは、ベットへと倒れるとそのまま目を閉じる。

それぞれの心にしこりを残したまま、1日が終わった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次の日は、みんなが自然と早く起きた。

しかし、早起きによる爽快感など全くなく、むしろ歩く足が重く感じていた。

4人が囲む食卓も、いつもの活気は無く、重々しい雰囲気に満ちていた。

「フィー。今日はどこかへ出かけましょう」

「いえ……。今日は、いい、です……」

いつもは二つ返事で了承するというのに、今日のフィリアは申し訳なさそうな顔をしながら断った。

「フィー。……大丈夫ですよ。僕たち家族は、いつまでもフィーの味方です」

その言葉にルノとアーシャの2人は強く頷くが、

「はい、ありがとうございます」

フィリアは無理をした作り笑いを向けるだけだ。

不安と、もしも本当ならば、自分のせいで家族を巻き込んでしまうという自責の念に囚われているのだろう。

その顔を見た3人は、眉を寄せ、瞳を憎悪の炎で燃やした。

まだ見ぬ龍に怒りを覚え、それぞれのやるべきことを必ず達成させようと決意する。

フィリアが生け贄として捧げられるまで、あと2週間。

「異世界奮闘、チート兄」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く