異世界奮闘、チート兄

嚶鳴

魔法

それから二年。

拓人ーー改め、二歳になったクオは、すくすくと育ち、今では、歩いたり、舌ったらずではあるが喋れるようになっていた。

また、スキルも取得しており、ステータスも新しくなっている。

これが、クオの現在のステータスである。

➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖

名前 クオ   種族 人族※

年齢2

Lv1

HP12

MP20

STR3

DEX2

AGI2

INT12

DEF3

スキル

魔術師Lv1

固有スキル

鑑定Lv10   凶戦士化  上限開放

称号 管理神の使徒※

➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖

※が付いているのが、鑑定のLv10から見ることができる項目である。

スキルの説明はこうだ。

魔術師

•所有者のINTに補正 (素のINT×スキルLv×10%)
•一度見た魔法の習得、また、魔術は全て使用可能。
•並列詠唱  (同時発動数はINTの10分の1、他属性の同時発動はINTの10×発動属性数分の1)
•無詠唱 (魔法、魔術の詠唱破棄)

鑑定
•自身、または他人のステータスの確認が可能    (閲覧範囲に制限あり)
•閲覧制限開放。(Lv10より)
•アイテムにも使用可能。(Lv10より)

凶戦士化
•所有者のステータス倍加 (倍率は所有者の怒りの量によって変化)

上限開放
•所有者のLvの概念の上限開放

管理神の使徒
•管理神と深く繋がっており、管理神との交信が可能。

ちなみに、これらの詳細は鑑定Lv10によるものである。

そして、ここにあるスキル全て、(鑑定はLv10まで到達したのが)いままで一人も持っていなかったものだ。

ーーコンコン

クオが自分の部屋でくつろいでいると、扉がノックされる。

「クオ?今いいかしら」

「おかあさま?……はい、だいじょうぶですが……どうしたんですか?とつぜん」

声の主は、クオの母親のアーシャである。

クオは、扉を開けながら不思議そうに尋ねた。

「もう、そんなにかしこまった喋り方しなくて良いのに……。……でも、その歳で敬語が使えるんだもの。やっぱりクオは賢いわね!」

アーシャはクオの頭をよしよしと撫でる。

「あ、ありがとうございます」

クオは照れながらもなされるがままだ。

まあ、これも一貫して演技なのだが。

一通り撫でて満足したアーシャは、クオの頭から手を離すと、要件を伝える。

「あのね?クオ。あなたついこの間二歳になったでしょ?……そこでね、私が魔法の練習をしてあげようと思ったの」

この世界では、一般家庭でも生まれたばかりの赤ん坊には必ず鑑定紙という、鑑定Lv2が込められた貴重な紙を使用してスキルを調べている。

クオの鑑定紙を見た時、魔術師と言うスキルは聞いたことがなかったが、魔の文字から、魔法に関するものだろうと推測を立てていた。

「まほう……ですか?」

可愛く小首を傾げるクオ。

「ええ、どう?やってみる?」

「はい!ぼく、おかあさまみたいにまほうつかいたいです!」

アーシャの質問に、クオは手を上げながらぴょんぴょんと飛び跳ねた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

家の庭、ここでクオは練習を始めようとしていた。

母が例として魔法を使う時に危なくないようにだろう。

「いい?クオ。自分の身体の中に流れているものがあるから、それを感じるところから始めましょう」

そう言われたクオは、目を閉じて意識を集中させる。

…………数分後、クオはゆっくりと目を開けた。

「おかあさま……。なにかがぼくのからだをめぐっています。…………これですか?」

その言葉にアーシャは目を見開いた。

「ええ、そうよ。それが魔法を使うのに必要な魔力。それにしても早いわね!さすがクオ!」

アーシャはまたクオをべた褒めする。

「後は簡単よ。それを集めて手から出すだけ。……そうすれば、ほら!」

そう言って、アーシャは何もない所へと手をかざす。そして、魔法を発動させた。

火球ファイア

アーシャの手に炎の球が出来上がり、着弾地点を黒く焦がす。

いきなりの無詠唱である。

「こんな事も出来るようになるわよ。でも、クオはまだ出来ないから、魔力を手から出す事からしましょうか」

クオはもう火球を使えるようになっていたが、言われた通りに魔力を集めて放出させるを繰り返す。

この練習は、クオの魔力枯渇ギリギリまでを5回、繰り返された。

「異世界奮闘、チート兄」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く