話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

俺、覇王になりました。

旧ネオン道理

13話 姫と婚約!?

「わ、私と結婚してください!」

あれれおかしいな?幻聴が

「リクマ様に返事を」


そう。俺は今姫にプロポーズされているのであった。

「リ、リーシャよあったばかりの人の人にプロポーズするのはどうかと思うぞ」
王様が言った。

「お父様、私には『魔眼』があります。この人の心くらいは、読めます。とても暖かそうでそしてどこか、悲しそうなかんじの...あっ/////」

「よし分かった。すぐに式をあげよう。」

おい!このクソジジイ。まだ俺は返事してねーぞ。

「ああのですねー。」

「何か、問題でもあるか?」

「いえ無いです。」
即答してしまったぁぁぁ!!

あぁなんか起こらないかな。
この世界が破裂したりとかなんか。

「大変です。王様、魔物活性化スタンピートが起きました。裏山の『コボルト山脈』のコボルト3000体がこの王都に向かってきています。」

「ナッ、ナンダッテ?セイギノミカタとしていかなきゃー」

やばい何これ、嬉しい神様この恩忘れませんよ。

「まっ、待ってくださいリクマ様。
行く前に返事を」

「今は、それどころじゃない!!
民が大変なんだぞ!!」

俺は実際そんなのどうでも良いけど利用できるものは利用しとこう。
めっちゃ勢いのある声でいった。

「では王様いって参りまーす。」

「おいちょっと待t...」

俺は外を見てとっさにマサキの手を取り<刹那>した。

<刹那>で物体を通り抜けることは出来るが目に見えてないと行けない。

だが魔力が、抜けた時の脱力感ハンパなかった。

まぁいい。この危機を乗り越えられたのは良かったとしよう。

俺は、さっき自分で言ったことを思い出して、コボルト退治に行くことにした。

はぁー何でさっきあんなこと言ったんだろ?

「なぁマサキぃー適当に<空気魔道>で敵全滅させてくれよ。」

「出来ませんよ。空気魔道は1体1特化型何です。まぁ<水魔道>なら出来ると思いますよ。」

「じゃオナシャス」

「まぁここら辺が海位に大きな湖になってるかも知れませんが...」

「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい。俺の首か飛びますから、」

「では行きましょう一体ずつ倒して行きましょう。」

「はい。」

「来たぞー」

冒険者が声を上げた。

「「「「「「「「ウオオアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアーッッッッッッッッッッッッッッ!!」」」」」」」」

みんな一斉に飛び出したがすぐに戻ってきた。

「や、やばいあれは全員コボルトロードだ」

え?全員Aランク指定?

やばい逃げたい!

「リクマ様、あれに勝てるのは、この王都で私たちだけみたいですよ。
なんか今Aランク以上の冒険者はダンジョンに遠征にいってるみたいで...」

ダンジョンなんてあるのか...
まぁ今はどうでもいい。

「流石に2人であれは無理だろー」

「昨日リクマ様が泣きじゃくってたと王都中に噂流しますよ。」

「さー気合入れていこう」

うわーやだなぁーしかも真っ向勝負か
行くぞ!<魔力循環> <刹那>
そして俺はアイテムBOXからロングソードを取り出した。

ステ値が上がったから楽に倒せるぞ!!

<多対1レベル1を手に入れました>

おぉーなんかやりやすくなってきたぞ!

てれれれっててってー
てれれれっててってー
てれれれっててってー
てれれれっててってー
てれれれっててってー
てれれれっててってー
てれれれっててってー
てれれれっててってー
てれれれっててってー

「レベルがMAXになりました」

<ユニークスキル 連続1VS1極>に進化しました。

おぉーなんか1対1をやってる感かくだ。
ふとコボルトロードを1000体くらい倒した時にマサキを見るともう既に血の海になっており、コボルトロードの死体に腰をかけている。

怖ーよ。水色だったドレスが真っ赤になってるよ。て言うか速!

俺も大分ステ値は上がったんだかな、まだマサキには勝てないか。そう思いってたらいつの間にかみんな死体になっていた。

「ふぅー終わったか」

「以外と遅かったですね」

「うるせーよ」

てってー%#@q3jfx

あ、頭が痛い!!!

なんか文字化けしていたがレベルアップしたらしい。

<ステータス>

<鑑定>
名前:陸魔 種族:覇王 Lv.30
<能力>
筋力:1500000
耐久:5
敏捷:1000000
魔力:∞
魔攻:測定不可能
魔防:80000

<スキル>
鑑定EX 隠蔽EX テイムLv.1

<ユニークスキル>
拒絶 覇剣 剣聖 神滅剣 龍滅剣 魔力循環 アイテムBOX 超魔力探知 刹那 1VS1極
<称号>
女神イディアルの加護 魔力の王 魔力喰い 魔力がありすぎて魔法に嫌われた人 防御を捨て攻撃の道を進むもの 攻撃神の加護。
_________________
<補足説明>
防御を捨て攻撃の道を進むもの&
攻撃神の加護:防御値極ダウン、攻撃値極みアップ
--------------------------------------------------

よしいい防具買おっと!
じゃねーよ!!!

なんだこれ?通常の筋力は兎も角、魔攻は絶対要らないだろナニコレ?
宝の持ち腐れって奴?

まぁ攻撃とスピードで行こうかな。

今攻撃されると確実に死ぬな。

うんゴブリンに踏まれただけで死ぬ自信あるわ。

「どうしたんです?そんな顔して」

「これ見てくれ...」

俺は地面に自分のステータスを書いた。

「これは、ぷふっw」

「ううぅ(இдஇ`。)」

「ごめんなさい。冗談ですよ。まぁファイトです」

俺は帰りたくないが王都に帰ることにした。
--------------------------------------------------

「うわーまた戻って来ちゃったよ。」

王宮に着いた。

コボルトロードの大軍討伐の大義名分で俺達はSSランクになった。
これで王都でも人気者だ今SSランクは俺とマサキ含めて7人いるらしい。

「うむ、どうしたのものか...」

「どうしたんですか?」

魔物活性化スタンピートが発生したことは『魔王』復活したことを物語っている」

「そうなんですか...!?」
それだ!!!!

「リーシャ」

俺はイケボ風に呼んだ。

「はい。、何ですか?」

顔を赤らめたリーシャに俺は言った。

「俺はっ、魔王を討伐しなければならない。だから待っていてくれっ!」

もちろんイケボ風にいった。

「はい。待ってますね。」

うわーめっちゃ笑顔。ほんとに魔王倒した時はどうしようめっちゃ気まずいよ?

もういっそこのまま魔王と不可侵条約結ぼうかな?

「では、行ってきます!」

「まってますからね!!」

うん。待たなくていいよ。
俺は振り返ることなく王宮をでた。

「俺、覇王になりました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 旧ネオン道理

    ありがとうございます。
    「式」に直しますね。

    0
  • テスト

    13話にある式を挙げようが指揮を挙げようになってる

    2
  • きよひー

    指揮を挙げよう?

    1
コメントを書く