新世界と転生の賢者

ツリー

回る世界と転生の賢者

「裕美・・・俺も・・・今そっちに行くよ」

通い慣れた仕事場のビルの上で男は呟く
男、馬場狂矢ばばきょうやは絶望していた
この人のためなら死んでも良いと思える程惚れた妻の死が彼を追い詰めていた

死のうとは思っていなかった、だが屋上の柵に手をかけて空を見ていると自然と体が前に出る
少しの浮遊感と共に地面に向かって体が落ちて行く

「ああ・・・俺も死ぬんだ」

目を閉じ落下の衝撃を待つ

「なーにをしとるかぁ!」

突如幼い、けれどどこか人を寄せ付けるような声が聞こえて衝撃と共に屋上に尻餅をついていた
何が起きたかわからず上を向くと太陽の光を反射させ
金髪の少女が俺を見下ろしていた

「俺は死んだんじゃ?」
「見ての通り死んでおらん・・・傷一つないぞ?」

少女に言われて自分の体を見て安堵する
一度は死を受け入れたつもりだったがいざ生きていると安心するものである

「お主相当臭いのう」

目の前の少女が顔を顰めながら呟く
そんなに臭いだろうか?午前の外回りで汗をかいたからそれでかもしれない

「このまま滅しても意味がなかろう」

顎を撫でながら頷く少女

「さて・・・自害するほど思い詰めていたようじゃが私が相談に乗ってやろう」

ニカっと八重歯を見せながら笑う少女

子供の遊び、少し伸びた生の続きと思い
ポツリポツリと今までの生き様を話していくと自然と涙が流れる
全て話し終わった頃には涙は枯れ
ただ少女を見る事しか出来なかった

「なるほどのぅ・・・お主の妻が死んだ時に私がいればはやかったのじゃが」

言ってる意味がわからず無言で眺める

「そうじゃ!ならば転生体さえ準備出来ればお主の妻を生き返らせれるぞぃ!」

妻を・・・生き返らせる?

「この世とあの世の魂の合計は比例しておるからのう・・・この世に急速に魂を生み出して急速に減らしていけばすぐに転生体も見つかるじゃろう」
「大量の魂を減らすって・・・つまり戦争でもしろって事か?」

妻の死を笑って話す少女に憤りを覚えた俺は妄想に付き合い肩を竦める

「何も魂は生きるものだけに宿るわけではない、それこそ書物、その中の登場人物、全てに宿る」
「物にも、その中の物にも?」
「如何にも、転生体が生まれればすぐにわかるようこれを渡しておこう」

少女が何もない空間から白い発光体を取り出す

「こやつは生まれたばかりで何も出来ぬが転生体が生まれればすぐに教えてくれる、ついでに私の場所も教えてくれるから転生体を連れてくるが良い」

少女から受け取った発光体を受け取り呆然とする
今まで見たことの未知の物質、こちらの言葉を理解しているかの如く周りを飛び回っている

「そうじゃな・・・そ奴が私に会うのは最後の時じゃろうから・・・フィーとでも名付けるか」

そう少女が言うとフィーと名付けられた発光体が俺の体の中に入っていく

「君は一体?」

呆然と呟く俺に少女は満足そうに頷く

「少しはましな匂いになってきたか」

そう少女が呟くと俺の中から黒い霧が溢れ出てくる

「今度は・・・なんだ・・・?」

「新世界と転生の賢者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く