異彩の瞳と銃創造者

創伽夢勾

関係の終わり

 目を開け、見えるのはもう見慣れた天井。それを見ただけで、今自分がいるのが家の自室であることが分かる。体を起こそうとしたときに、ようやく右手の感触に気づいた。誰かに手を握られている。この時すでに、レンの中でだれが握っているかは分かっていた。
 改めて体を起こすと、やはりそこに居たのはアイラだった。ベットの横に椅子を持ってきて、ベットの上に突っ伏していた。その手の中にはレンの手があり、ぎゅっと握られていた。
 レンは空いてる左手で、ゆっくりアイラを揺する。すると、レンの右手を掴んでいた力が緩む。アイラは突っ伏した状態から体を起こし、右手で、寝ぼけ眼を擦っている。

「アイラ朝だよ」
「ん~、えっ? あっ!」

 ようやく意識を覚醒させたアイラが、謝りながらてきぱきと部屋の掃除を始めた。そうして、掃除しているアイラに、昨日何があったのかを聞いた。
 話によると、女なの人が、俺を抱えて家まで運んで来たらしい。で、その女性を見た瞬間。アルムとシウナが驚いていたそうだ。そして、その女性は明日、つまり今日の昼にこの家を訪れるそうだ。なぜ、そこまでアルムとシウナが驚いていたのかはアイラには分からなかったそうだ。
 するとドアがノックされる。回数は一回。つまり家族のうちの誰かだ。

「レン。私だ」

 どうやらアルムらしい。こんな時間に来るのは珍しい。何か用事がない限り。

「昨晩。アルライト家から連絡があってな。今朝用事があるらしく、こちらに来るそうだ。でその用事にお前がかかわってるみたいだ。もう少しで約束の時間だから、準備を済ませたら、こっちに来い」
「わかりました」

 別れるときに言っていた用事かな?
 レンはアイラが掃除をした後、着替えを始めた。そこで、いつもの上着がないことに気づく。

「そういえば、ルドラに貸したっきりだったな」

 着替えを済ませて、時間を確認する。疲れて眠っていたせいか、朝稽古の時間は過ぎていた。食堂に向かうと、すでに他のみんなは済ませたみたいで、今回はひさしぶりにアイラと一緒にご飯を食べることにする。

「また私も一緒に座って食べるんですか?」
「まぁまぁ、たまにの機会なんだ、僕のわがままも聞いてよ」

 アイラはしょうがないですね。と言いながらも席に着いた。ご飯はすでに用意されているはずで、レンが食堂に来た時に、侍女伝えてある。アイラの分もと。
 侍女たちはもう慣れたようで、テキパキと準備を始めた。アイラもそんな侍女たちを見て苦笑いしていた。
 レン達は侍女の運んできた料理を食べきり、アルムがいるであろう応接室へ向かった。アイラには別の仕事があるため、その場で分かれ、レンは一人で廊下を歩いていた。

「あーレン! 丁度いいところに。今呼びに行こうと思っていたところよ。アルライト卿がもう来ているそうよ。レンもすぐに応接室に向かいなさい」
「わかりました。ありがとう姉さん」
(あぁ、やっぱりレンに褒められると、やる気というか、何か力を貰えた気がするわ)

 レレーナはご機嫌に廊下を歩いて行った。そんな様子をレンは首を傾げ不思議そうに見ていた。


❖  ❖  ❖


コン

「レーヴェンです」
「やっと来たか、入れ」
「失礼します」

 レンは応答が帰って来たのを確認し、応接室に足を踏み入れた。レンの視界に入るのは、父であるアルムとルドラ。そしてルドラの父親だと思われる男性だった。
 アルムに手招きされ、レンはその横に腰を落ち着けた。レンがソファーに座ると、すぐにルドラと目があった。しかし、こちらから目線を合わせると、頬を赤らめそっぽを向いてしまう。すると、そんな様子を見て男性が口を開いた。

「初めまして、私の息子、いや娘と仲良くしてくれてありがとう。改めて自己紹介をしよう。私の名前はデューク・イラ・アルライト。そこにいるルドラの父であり、伯爵という地位を貰っている」

 伯爵。レンの住むフォールン家は辺境伯であり、爵位だけで言えば伯爵は辺境伯の一つ下ということになる。ただそれでも上位貴族には間違いはない。しっかりとした挨拶を返さなければ。

「お初にお目にかかります。デューク卿。私の名前はレーヴェン・レイ・フォールンと申します。ご息女とは仲良くさせていただいております。ですが、先日の件は本当に申し訳ない。私のせいで、大事なご息女を危険な目に……」

 そんなレンから帰ってきた言葉に、デューク卿は笑っていた。

「父様?」

 ルドラも驚いたような反応を示している。

「いや、すまない。子供らしくない口調に、その堂々とした態度、どうも子供に見えなくてな」
「デューク卿もそう思うだろう? まぁ、手間もかからず私たちは助かっているんだがな」

 大人二人で笑っていた。そんな中、レンとルドラは沈黙していた。そして目があいそうになってもやっぱり反らされる。
 てか、父さん、俺のことそんな風に思っていたのか、まぁ、精神年齢は二十七歳ですし?
 すると、デュークが腰を上げ、立ち上がる。そしてレンに向かって頭を下げた。

「先日は娘を助けてくれてありがとう。事情は娘から聞いている。魔獣に襲われ、助けられたと。どんな風にかは教えてくれなかったがね」

 デュークはやれやれと言った感じに、再びソファーに腰を下ろした。

「いえ、私はただ当然のことをしただけです。それに大切な友達、悪したくはありませんから」

 その”友達”という言葉にレン以外の三人が反応を示した。

「「その事なんだが」」

 すると、アルムとデュークの声が重なった。そして、二人は目を合わせ、互いに頷くと、アルムが息を整え、口を開いた。

「その友達、なんだが今日、今をもってその関係は終わりだ」
「え? 父さん。それっていったいどういう……」
「今日からお前たちは婚約者だ」

 ……一瞬の静寂がこの部屋を掌握し、レンによるたった一言で、その短い静寂は終わりを告げた。

「……は?」
「だから君たちは婚約したんだって。私も妻も、そっちの両親からだって承諾を貰っている」

 いつの間に……

「けど、その当人が……」

 レンの言葉に三人の目線はルドラに向いた。すると、ルドラはレンと視線を合わせると、やはり顔を赤くする。そしてまたそっぽお向いてしまった。

「こっちは問題ないみたいだね。後は君だけだよ」

 ニヤニヤした感じで大人二人がレンの顔を覗き込む。そんなレンはついに破裂してしまった。

「誰でもいいから、こうなった過程を説明してくれーーー!」



「異彩の瞳と銃創造者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く