異彩の瞳と銃創造者

創伽夢勾

発砲

 身体強化を使って壁を乗り越えて、ばれないようにレンは家を抜け出した。目的はコルトパイソンの試し撃ち。向かうのは領地内の森、管理されている森であり、魔物の存在は確認されていない。
 家の中で、発砲なんてしようものなら、みんなに迷惑をかけてしまう。だからこそ外で練習するのだ。無断だけど。

「ここら辺でいいかな?」

 周りには気が生い茂っており、鳥の鳴き声なども聞こえてきてまさに自然と言った感じだ。的は木にするとして、銃声は大丈夫かな? 
 レンは周りを気にしながら、起動式を読み上げ、手にコルトパイソンを物質化させる。同時に左手に弾も物質化させる。レンの右手にはしっかりと黒を基調としたコルトパイソンが生成されていた。
 弾を入れる前に、空撃ちをしてみる。トリガーを引くたび、カチカチと鳴るハンマーとそれと同時に回るシリンダーの振動がとても心地いい。しっかりと、動作することを確認して、シリンダーを横にスライドさせる。そして、シリンダーに弾を込めていく。問題なくシリンダーに弾は入った
 リボルバーの装填数は六発。シリンダーに六発の弾丸を入れ終わり、シリンダーを元の位置へと戻す。
 しっかりとグリップを握り、目一杯肘を伸ばし、固定する。左手で、右手を支えるように、銃身を目的の的である木に向けて構える。

 肉体年齢はまだ七歳。一応銃を撃った時の反動に備えて、魔力で体を覆い全身を強化。特に手の周りと肩に重点を置く。
 集中する。しっかりと狙いを定めて、人差し指をトリガーにかけ、そして引き絞った。

バァン!

 そんな音と共に体に衝撃が走る。よく見るとコルトパイソンの銃口からは煙が、目の前の木を見るとしっかりと穴が開いていた。

「やった! やったぞ。成功だ。この世界でも銃は使える。まだまだ改良は必要だし、魔法との組み合わせとかも考えて行けば実戦でも問題なく使えるぞ!」

 レンの頭の中で、様々な銃の使い方、作ってみたいものなどの構想が広がっていく。そう。ここは魔法もあるファンタジー世界だ。何も従来の銃にこだわる必要もない。

「まだ、夜ご飯までには時間がある、もう少しだけ練習してから帰ろう」

 レンはひとしきり、発砲練習をするとすぐに帰宅した。


 レンが帰宅するのを確認すると、近くの陰から一人の少年が出てくる。

「へぇ~なんだかおもしろそうなことしてるね、あの子」

 その子はレンの放つ銃声を聞き様子を見に来ていた。気づかれないように木の陰からレンを見て、そのレンが持つ謎の物体に興味を持った。

「たしか、ジュウとか言ってたね。他にも種類があるのかな。魔法との組み合わせとかも言ってたね。興味深い。一回あの子と話してみたいね」


 レンは帰りも同様身体強化を施して、壁を飛び越える。

「ふぅ、疲れ……た」
「『ふぅ』じゃ、ありませんよね? どこに行ってたんですか?」

 レンが壁を飛び越えた先には、胸の前で両腕を組み、少し怒ったような表情をしたアイラが待っていた。よく見ると、顔は赤く、額には汗が見えた。この様子から見てどうやら俺のことを探していたらしい。

「もしかして、心配かけた?」
「もしかしてじゃなくて、心配しました」
「ごめんなさ、痛い」

 アイラはレンの頭に拳を落とした。そしてその後、ゆっくり優しくレンの頭を撫でる。

「お願いですから、どこかに行く際はせめて私に話してから言ってください」
「絶対?」
「絶対です」

 アイラの表情を見るからにこれは逃げれなさそうだ。
 レンは頷くことで肯定を示して、なぜか、アイラに手を引かれて食堂へと向かった。アルム、シウナ、アトモスから好奇の目で見られたこと言うまでもないだろう。ここ最近のアイラと俺の態度が気になっていたのだそうだ。とりあえずは何もないと言っておいたが、そこで、アイラが顔を赤くするから、みんなが勘違いするんだよ?
 そして、そんなレンに向けて、あからさまに機嫌の悪いレレーナの視線が刺さる。

「レン。明日、朝から模擬戦ね」
「……はい」

 そのレレーナの威圧に押されて、レンは模擬戦を承諾した。

 ご飯を食べ終わった後はいつも通り、部屋にこもって、魔力を使い切るまで、物質創造魔法を繰り返す。オートマチックなどの試作や、コルトパイソンなどの既にイメージが固まっている物の物質化をしっかり、でもできるだけ早く。これを目指してコルトパイソンを作っては消して、作っては消してを繰り返している。

「魔法との組み合わせも考えて行かないとな。それと、他の適性やら魔法についてわかったら、まだ考え方や練習に活かせるんだけど……」

 レンは適性の書いてある紙を広げる.

『レーヴェン・レイ・フォールン

 魔法適性』

 火:〇水:〇風:〇土:〇
 闇:〇光:〇*:〇*:〇
 無:*力魔*
   付与**
   物**造**

 *能*正

 格闘の才能
 *の才能
 剣*の才能
 *術の才能
 魔法の**
 料*の*能
 交渉*才*
 計算の**
 **処**才能
 ***適性
 ****適性』

 ほとんど見えないし、どんな魔法かも、何の才能かもわからないものが多い。

「まぁ、わからないものは仕方ない。分かるもので頑張っていきますよっと」

 レンはそのまま寝る間も惜しんで、銃の作成を魔力がなくなるまで続けた。


「異彩の瞳と銃創造者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く