胸にヲタクという誇りを掲げて

ニムル

第3節/胸のヲタクという誇りを暴かれて

「おい......」

「ああ......」

「嘘だろ、何でここにいるんだよ、お嬢様が」

 なんとあの玲花れいかお嬢様がラノベの棚を見つめてじっと立っている。

 マジかよ、あの玲花れいかお嬢様がラノベを?

「うーん、この人は内容が(ブツブツ)」

 どうやらラノベの品評をしているらしい。

 お嬢様がねぇ......何かウラがありそうだな。

「かかわらない方が良さそうだ......あれはいくらなんでも不気味すぎるし、俺らのナワバリをこうも荒らされちゃあ、な?」

 ミキと共に素早く同人誌の棚に移動して身を潜める。

 この店の棚の配置からして、れじがわにこちらがよらなければすらちがうことはないだろう。

 たのむ、早く僕らのナワバリから出てってくれ! と、そんな願いを込めて念を送る。


 だがしかし

 お嬢様はくるりと右向け右の体制を取り、回れ右した方向にあるレジではなく、この同人誌コーナーに突入してきたのだ。

「......!?」

「ちょっ、ミキっ!?」

 まるでとち狂ったかのような速さでCDコーナーへと逃げていくミキ。

 そんな彼をお嬢様は眠たげに見つめながら言い放った。

「小田くん。貴方、『ヲタク』だったのね」

 そのたった一言が、僕の脳内で雷鳴のように響き、体の至る所でけたましくリピート再生された。

 受けた衝撃に耐えうるメンタルを持っていなかった僕は、目の前のお嬢様には目もくれず、一目散に上層階の本屋に逃げ込んだのだった。

「胸にヲタクという誇りを掲げて」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く