胸にヲタクという誇りを掲げて

ニムル

第1節/胸のヲタクという誇りを隠して

 僕の名前は小田オダ 久太キュウタ。どこにでもいる高校入りたての一般人イッパンピーポーだ。

 強いて他の人達ピーポーと違うところがあるとすれば、それは二次元ニューワールドに魅入られていることだろう。

 あれは小学5年生の頃だったか。僕は友人に勧められて見たバトルモノのアニメをきっかけにアニメにどっぷりとハマっていった。

 世間的に非難される対象であるオタクという人種がいかに素晴らしい、崇高な存在であるかということを僕は小5にして悟ったのだ。

「よっ、小田。今日久々に『アニとも』行かね?」

 僕の覇道の人生を振り返ってきているところで話をかけてきたのは、この僕にアニメを勧めた男、美貴ミキ 博臣ヒロオミだった。

 因みに『アニとも』というのはアニメのグッズやラノベ、同人誌などを販売する、全国各地にある我らがオアシスだ。

 僕とこいつは自分達の本来の種族を隠して生活をしている。

 何故なら中学の時

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「え〜っ、ミキくんってオタクなの〜? マジありえない、ヲタクってパソコンとかスマホの画面の前で平面の女の子見てぐへぐへ笑ってるだけしか脳のないあたまのおかしい人達のことだよね?」

「まじか、久太、お前オタクだったのか。ごめんもう俺お前に付き合えないわ」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 今までにこの崇高な考え方を理解出来た人間が一握りもいなかったからだ。

 そんな過去を振り返りながら僕はミキと2人でアニともへと向かう。

 そこに待っている運命を変える出会いの気配に気付くことなく.....

「胸にヲタクという誇りを掲げて」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く