Re:legend

りゅう

567:覚悟











ゆめみちゃんが『夢海』の魔法で王都を守った頃……

敵地に乗り込んでいた僕たちは『慈愛』のディートリヒ、『虚無』のクレティア、『死霊』のアルドベリク、そして無数の黒きヴァルキリー…堕天使と対峙していた。

当然戦力差はかなりのものがあり僕たちはかなり押されていた。

『リュウ、このままじゃマズイぞ…何か手を打たねえと…』

レグルスが僕に呼びかけてくるがこの状況を打開する手が見つからない。既に覚醒状態や精霊神モードを使っているがなかなかいい手が浮かばないのだった。

このままだとこちらの力が尽きて完全にジリ貧になるだろう。そんな状況下でハルカが一歩前に出た。

「リュウさん、ごめんなさい。今から私がすることを許してください。あと、エリカや他の子のことをよろしくお願いします」

ハルカは僕にそう言い残して自分の体をウィズに渡した。

「リュウ、わるいね」

ウィズはそう言いながら僕目掛けて魔法を発動させた。ウィズの魔法が直撃した僕は一瞬でその場から消滅した。

「お姉ちゃん!?」

エリカはハルカが何をしたか理解できず声を上げた。

「エリカ、ごめんね。リュウさんは3日後にピュレットの王城に戻るようにしてあるから、お姉ちゃんの分もしっかりリュウさんを支えてあげてね。あと、他の子にも優しくしてあげるのよ。あと、自分を大切にしてね」

ウィズから一時的に体を返してもらったハルカはエリカにそう伝え再び体をウィズに渡した。

そしてウィズはエリカたちに転移の魔法を発動しエリカたちをピュレット王城に移動させた。

「ありがとうウィズ」
『君に頼まれたら断れないよ。で、これからどうする?』
「私が戦うわ」
『そうか、わかった。私もいつでも戦えるようにしておく。いつでも頼るといい。あと、私の力…『傲慢』の力を更に使えるようにしてあげよう』
「ありがとう」

ハルカはウィズにそう伝え覚醒状態になる。

『そうだね。時間にして5分、私の『傲慢』の力を君に共鳴させる。5分間、君は私と同等の力を使える』
「わかった」

ハルカは共鳴を発動し、対峙していた敵に魔法を撃ち込んだ。










「Re:legend」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く