Re:legend

りゅう

176:闇夜の狐






コリンさんとわかれたユリちゃんとイナズマはエリスと合流して戦っていた。

「結界」

魔族目掛けて突っ込むユリちゃんとイナズマの前にエリスの結界が現れ魔族の攻撃を止める。

「サンダースピア」
「剛力の舞」

イナズマの雷を纏ったレイピアを魔族達目掛けてユリちゃんが振る。
その横ではフェアリーが魔法でユリちゃんのパワーを上げ、レイピアでの攻撃の威力をあげる。
レイピアから放たれた雷が魔族達を次々と倒していく。

「ユリちゃん危ない」
「結界」

フェアリーの声を聞き、振り向いたユリちゃんの目の前には結界に閉じ込められていた魔族がいた。

「危なかった…エリスさんありがとうございます」

「帰ったらまた鍛えて上げますね」

エリスさんの言葉を聞きユリちゃんが慌ててイナズマとフェアリーを連れて他の戦場にむかう。

エリスさんは結界を圧縮して中の魔族を消滅させてユリちゃん達の後を追う。



ある程度戦いが終わり、一旦みんなで集まることにした。

エリスが僕から預かった地図を取り出す。
この地図にはエルの魔法を付与しておいた。

「ここにあと数人反応がありますね」

「じゃあ、私が倒してくるからみんなはリュウさんに連絡を」

コリンさんがみんなにそう言い残し残りの魔族を全滅にむかう。

「一応、私も付いていきますね」

ユリちゃんはそう言いながらイナズマにまたがりイナズマとともにコリンさんの後を追う。

「リュウさん、エリスです。戦闘終了しました。」

「わかった、今からヒューマニアの騎士団の人達を連れてくよ」

「はい、待ってますね」

エリスからフェアリーを通しての連絡を聞き、僕はスカーレッドに乗りサバヤ村にむかう。




僕がサバヤ村目掛けて出発した頃

コリンさんは残りの魔族に囲まれていた。

「せめてお前だけでも殺してやる」
「死ねー」

魔族達がいろいろなことを言ってるが気にしない。

「獣化」

コリンさんは二度目の獣化を発動させ、狐の姿になる。

「1撃で終わらせてあげます。闇夜の誘い」

コリンさんが獣化した時のみ使える魔法を放つ。
魔族達の足元に黒い穴が開き魔族達を吸い込んでいく。
二度と魔族達が穴からでてくることはなかった。

「これで終わりかな」

コリンさんは周りに魔族がいないのを確認し、獣化を解除する。
コリンさんが獣化を解除すると黒い穴も消えた。

「終わりましたか?」

ユリちゃんがコリンさんと合流する。

「終わったよ、みんなの所に戻ろうか」

「そうですね」

ユリちゃんとコリンさんがみんなと合流してから一時間くらいして僕がサバヤ村に到着した。

サバヤ村にヒューマニア騎士団の人達をドリフトで呼び警備を任せる。

その後、僕はみんなを連れてヒューマニア王城に向かった。




作戦開始より十時間後

サバヤ村奪還完了








「Re:legend」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く