Re:legend

りゅう

83:決意

「そういえばなんでシャルロットさんはプルミューの監獄で捕まってたんですか?」

みんなで朝ご飯を食べているときふとフランが口にする。その後沈黙が数秒間続きシャルロットが口を開く。

「私がプルミューの監獄で捕まっていたのは『禁魔』のサーバスに負けたからです。私が魔族に捕まる前までプルミューの監獄の獄長は別の人物でした。」

なるほど『怠惰』のシャルロットが脱走をしないように『禁魔』が見張りとしてプルミューの監獄に来たと言うことか。

「私が『禁魔』のサーバスに負けたのは数年前です。場所は私が生まれた国…ピュレットです。数年前『禁魔』のサーバスが率いる魔族の軍団がピュレットに攻めて来ました。私達は全力で戦いましたが『禁魔』の魔法に勝てる者は居ませんでした…二週間ほどでピュレットは魔族の手に落ち制圧されました。」

「今ピュレットはどうなってるんだ?」

「聞いた話だと魔族に反抗した人間は皆殺しにあったと聞きました。私の家族や親戚もみんな死んでしまいました。私はいつか必ずピュレットを魔族の手から取り返します。そのために今は力をつけないと…」

「ピュレットってどこにあったの?」

「たしかこの国のとなりの国だったと思います。」

僕の問いにハルカが答える。

「よし、じゃあ今からピュレットを取り返すために動こう。」

「えっ?」

僕の急な発言にシャルロットが驚く。

「取り返したいんだろ…ピュレットを‼︎だったら僕達も協力する。」

「本当にいいんですか?」

シャルロットが泣きながら僕達に尋ねる。僕達は黙って頷く。

「じゃあまずは仲間を集めないとな…流石に人手がたりないし」

「「その前に朝ご飯はやく食べてください」」

さっそく仲間を探しに行こうとしていた僕にユリちゃんとヒナちゃんから突っ込みが入る。


まずは朝ご飯から僕達のピュレット奪還計画が始まった。

「Re:legend」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く