銀狼転生記~助けた幼女と異世界放浪~

テケテケさん

閑話:~接近する狂キ~

 一行がセドリック達のお世話になっている頃、夜の森では命を賭けた鬼ごっこが繰り広げられていた。
 生い茂る木々や、異常に発達し地上にまでせり出した巨根のせいで目通しの悪い森の中、ましてや暗闇に包まれた森を風のように走り駆けていく二つの人影があった。

◆◆◆◆

 「はあ、はあ…クソッ…! ブッチ! は追ってきてるか!?」

 「あ、いえ、反応はないっす!」

 「よ、よし…。…ッ、おい!! そこで止まれ、一先ず休憩すっぞ!」

 「了解っす!」

 俺達は同時に木のうろへと滑り込み、辺りに脅威が無いのを確かめてから、一息を付く。

 「ぜぇ…ぜぇ…なんとか、逃げ…切ったか?」

 「そう…みたいっすね。ああ、自分…もう動けないっす」

 しばらく、俺達は互いに息を整える事に専念する。
 狭い空間内に、聞こえるのは俺とブッチの二人分の息遣いだけ。
 いつもは五人分の息遣いが聞こえるからか、無性に落ち着かない。

 「ワイドさん達、しっかり逃げ切れたっすかね?」

 そう思ったのは俺だけでは無かったらしい、対面に座るブッチが木壁に背を預けて、物寂しく問いかけてくる。

 「さあな…だが、無事に逃げ切ってくれるのを祈るばかりだ」

 リーダーである俺と、ブッチ、ワイドとケビン、ジョセフの五名で編成された〖アルデンス王国〗の調査隊は現在分裂状態にあった。
 その理由は簡単。
 あのに出会った後、俺達は全速力で森の奥へ逃げ込んだのだが、予想以上に奥へ入ってしまい、広大な森の中で迷ってしまう。

 そして、歩き疲れて疲労困憊になっていた所を狙い澄ましたかのように、に襲撃されたのだ。

 戦力的、精神的にも戦闘は避けた方が良いと即座に判断した俺は、隊を二つにわけ、どちらかが囮になりその間にもう一方が王国へと化け物の情報を持ち帰ることを優先させた。
 そして、囮役は俺とブッチ。
 本当ならリーダーである俺が王国へと生還するべき何だろうが、逃げるという一点においては俺の他に適任がいた。
 更に言えば、ワイドやブッチはその能力の特異さから、王国の諜報機関から引き抜きの話が来ている。
 そんな未来ある若造を、こんな所でむざむざと死なせるわけにはいかない。
 ケビンには…癪だがあいつの帰りを待つ妻子がいる。

 ということで、この世に未練のねえ俺こと、〖電魔〗のロータ一人で囮役をするつもりだったがそこに待ったの声がかかった。

 隊の中で一際俺を慕ってくれていたブッチが、死を覚悟で俺に付いて行くと言いだしたのだ。
 俺は最後までその意見を却下し続けたが、こいつは聞かなかった。
 まあ、結果、こいつの周囲の状況を知る感知系のスキルのおかげで夜の森を魔物達に一度も出会うことなく、逃げ延びることが出来た。
 何とか首の皮は繋がったってことだ。

 「ブッチ……」

 「…? なんすか?」

 照れくさいが、こういうときに言っておかないと、後で言いにくいからな。

 「…ありがとな」

 頭を下げつつ、感謝の言葉を口にする。

 「・・・」

 沈黙──ブッチの奴、感極まって返事が出来ねえみたいだ。
 おいおい、なんか反応しろよ。
 こっちだって柄でもないことをしてる自覚はあるんだ。

 「おい、ブッチ。こっちは恥ずかしいんだ。いい加減──」

 「リー、ダー…。逃…げ……」

 頭を上げた俺は見た、ブッチの胸に黒い短刀が生えているのを。

 「おい!! ブッチ! ……っ!!」

 力無く倒れ込むブッチを見て俺は悟った。
 次はだと。

 自分でも驚くぐらいの反射速度で洞から飛び出し…両手に電撃を纏う。

 「来るなら、来やがれ!! やってやら──」

 纏わせた電撃を周囲へ放電しようとする。
 一瞬だった。
 ”ドン”と鈍い衝撃を胸に感じ、視線をそこに向ける。
 目に映ったのは、自分の胸から獣の腕が生えている光景。
 同時に体の奥から血がせり上がってくるのを感じる。
 折角纏った雷撃も、弱々しく四散した。

 激痛に耐えながら、ギシギシと音がするくらいぎこちない動きで後ろを向く。

 「ゴフッ…。く…そ…やろう…が……」

 俺の胸を貫いた少女・・を尻目に、俺の意識は途切れた。


◆◆◆◆

 「ふぃー、終わった終わった。…ペロ……ッ! まっじ!」

 男が絶命したのを確認した少女は、遺体に足をかけて手を引き抜く。
 引き抜いた手は人間のモノではなく、獣のような造形をしており、鋭い爪からしたたる鮮血を舐めとるが、口には合わなかったようだ。

 「あんた、男の血を啜るのはどうかと思うわ」

 闇から這い出るように、突如として姿を現した黒装束の少女が、黒塗りの短刀を懐にしまいながら腕を舐めまわす少女を注意する。

 「しゃーねーだろ? 癖なんだからよ」

 「癖なら直すように努力を──」

 「お疲れ様です。セリシャ、オリオ」

 黒装束の少女──セリシャは声の聞こえた方へと声を荒げる。

 「狂姫!! 任務中は本名を呼ぶなってあれほど─「おう、マコト、お疲れ~」─牙姫!! あなたも──」

 ”牙姫”と呼ばれた少女──オリオは、セリシャの説教を話半分で聞き流し、”狂姫”と呼ばれた黒髪の少女へと声をかける。

 「で、マコト~。そっちはどうだった?」

 というのは、つまりそういう事だ。
 簡単な話、王国の調査隊が彼女達から逃げるために二手に分かれたのに対して、彼女たち帝国の調査隊も二手に分かれて追跡を行ったに過ぎない。

 「えっと…深手は負わせたのですが、特殊なスキルを使ったのか、呆気なく逃げられてしまいまして…すみません」

 今回、彼女達に与えられた任務は二つ。
 一つ目は、既に終了した〈南の森〉の調査。
 二つ目は、彼女達同様に調査にきた他国の人間を抹殺する事だ。

 王国を除いたその他の国の調査隊は既に彼女達の手にかかり、物言わぬ屍と化した。
 順当に行けば、王国調査隊もその仲間入りを果たすはずが、三人の生存者が出てしまったようだ。
 だが、帝国が誇る最凶最悪の部隊である彼女達がその程度で諦めるハズもない。

 「気にすんなって! 要は、あたいの獲物が増えたって事だろ? 血が騒ぐぜぇい」

 オリオの双眸がギラリと光る。
 その瞳は、獲物を見つけた肉食獣のように爛々としていた。
 「こら! 話を聞きなさい!」とオリオへ肉迫していたセリシャも、諦めたように肩を落とし言葉を発する。

 「仕方ないわね……。ほら、さっさと追うわよ。手負いの身ではそう遠くまでは逃げられないはず──って、狂姫?」

 「──ああ、すみません。先に行ってて下さい」

 「……早く来なさいよ?」

 そう言って、セリシャはオリオと共に来た道を戻っていく。
 あっという間にその姿は夜の森に溶け込み、見えなくなった。
 気配が遠ざかっていくのを、肌で感じた黒髪の少女は静かに歩みを進める。
 そして、胸に穴の空いた男の遺体の傍で歩みを止め、呟いた。

 「やっぱり、王国の人達からは微かですがの匂いがします…やはりお兄さまは王国に…」

 唐突に言葉を止め、わなわなと体を震わせる少女。
 次の瞬間、彼女を中心に禍禍しい瘴気が吹き荒れた。
 凄まじい勢いで放たれたソレは、彼女の周囲にあったものを全て蝕み、腐食し、消し去った。
 後に残ったのは、綺麗な死んだ大地に座り込む黒髪の少女。
 彼女はゆっくりとその目蓋を開ける。

 「ああ…!!! かわいそうなお兄さま!! …待っていて下さい、もうすぐ…もうすぐ…! あなたの妹がお迎えに上がります!そして、今度こそ私がお兄さまを…籠の中の鳥を狭い世界からとき放って差し上げます!! ……それまでどうか、待っていて下さいね?」

 紅色に煌めく双眸──その瞳には、異常なまでの情欲の火が灯っていた。

「銀狼転生記~助けた幼女と異世界放浪~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く