銀狼転生記~助けた幼女と異世界放浪~

テケテケさん

044 ~俺、おもてなしを受けます~~

『粗茶ですが…どうぞ』

「あ、ありがとうございます」

 そう言って、赤髪の女性から受け取った深緑色の飲料水─”粗茶”という言葉を信じるなら、『お茶』なのだろう─を飲む。

 「美味しい…」

 自然と、吐息に混じって感想が漏れた。
 …ホントに美味しい。
 茶葉特有の、深みのある風味が鼻腔を抜けるように香るのもさるものながら、程良く温められたそれは、お腹の底から心に安らぎをもたらしてくれる。
 まさか、この世界でお茶が飲めるなんて、夢にも思わなかったな。

 「ん…不思議な味…。ロウと居る時みたいに、ぽかぽかする」

 俺の隣に座っているフィリも、同様にお茶を啜っている。
 どうやら、お茶の深みにハマってしまったようだ。
 お茶を飲むフィリの姿も中々に癒し効果があるな。

 俺達がしばらく余韻に浸っていると、その様子を見ていた女性が笑みを浮かべる。

 『お気に召されたようで何よりです。夫の出身地・・・の飲み物なのですが…なんと、この森に群生している<苦善草>という植物から作れるんですよ。 ”クゼン茶”と名付けました。夫も大好きなんです』

 へー。
 茶葉はこの森に生えてんのか、時間があったら探してみるのも良いかもしれないな。
 作れるかどうかは別にしてだが。

 ……ん?
 今この人、お茶が”夫の出身地の飲み物”って言ったよな?
 俺が記憶が確かなら、お茶の有名所は日本しか思い浮かばねえぞ?
 こっちの世界にもお茶が存在する可能性もあるが……これは…もしかするのか。

 「あの──」

 脳裏に浮かび上がった疑惑を確かめようと、声を発したときだった。

 「いやぁ、待たせたね」

 女性の後ろにある扉が開いて、双槍使いの男が現れた。

 『あなた、遅かったじゃないですか。何をしていらしたのですか?』

 女性が嗜めるように、男を叱る。
 ソレを聞いた男は、さも”心外だ”というように顔をしかめる。

 「君のせいじゃないか。頭、ヒビ入ってたよ絶対。あれ直すのに時間が掛かっちゃったんだよ」

 『ああでもしないと止まらないじゃないですか。いつもあなたはそう、普段おっとりしてるかと思えば、その実物事に対してせっかちで、早とちりなんですから』

 「うぅ。まあ、今回は僕も反省してるよ」

 女性の説教を受けて、苦笑いを浮かべながら俺の対面に座る男。
 会話をする雰囲気を感じ取り、俺はクゼン茶の入ったコップをテーブルに置く。
 ソレに習ってフィリも、名残惜しそうにコップをテーブルに置いた。
 こちらの準備が整ったのを見て、男が口を開いた。

 「さてと、ロウ君…だっけ? 改めて自己紹介をしようか。僕はセドリック、隣にいるのは妻のビビア。えっと、娘を助けてくれた恩人だったって事は聞いたんだったかな。そうとは知らず、ホントにゴメンね」

 『本当にごめんなさいね? そして、ありがとう。ピアを救ってくれて』

 そういって、セドリック夫妻は深々とお辞儀をした。

 「こちらこそ、美味しいお茶をありがとうございます」

 俺も頭を下げる。

 そう、何を隠そう目の前にいる二人の男女こそが、俺達が助けたハーフ・ハーピーの少女──ピアの両親だった。
 セドリックが人間で、彼女の母親──ビビアさんがハーピーらしい。
 あの時、空から降ってきて、セドリックを一撃KOした怪鳥はビビアさんだった。
 今は、人間の姿をしていることから、多分俺と同じように【人化】のスキルを持ってるんだろう。

 【鑑定】すればそれがわかるんだが、この二人には使えない。
 セドリックに関しては、戦闘中に何度も見ようとしたが、結局見ることは出来なかった。
 俺の鑑定レベルでも見れないなんて、どんだけ規格外なステータスなんだ?
 いや、妨害系のスキルなのだろうか、それとも──ん?


 ソファに座っているので、服の形状的な問題で露出した太股に程良い重みとサラリとした感触を、ふいに感じる。
 思わず、目線を下に向けると……。

 「お、寝ちゃったのかい?」

 「ああ、そうみたいだ」

 『可愛い寝顔ですね』

 フィリが俺の太股に頭を預けて、夢の世界に旅立っていた。
 俺の視線の先を見たセドリック達も、ソレに気づく。
 まあ、今日はここまで散々森を歩き回ったしな。
 幾ら森で暮らすエルフといえど、流石に今日のはこたえたか。

 労うように、フィリのサラサラと指通りの良い髪を撫でる。
 ホント、天使かよ。
 これほど寝てる姿が似合う少女が他にいるだろうか。いや
いない。
 俺はそう思う。
 現実に、同性であるビビアさんをメロメロにしてるしな。

 「ベッドで寝かせてあげるかい?」

 「いいのか?」

 でも、流石にそれは…。

 「いいよ。ピアも君のもう一人のお連れさんも寝てるし、一人増えたところで何ともないさ」

 …サハラの奴。
 見かけないと思ったら、寝てやがったのか。
 あいつ、浮いてただけじゃん。
 後で叩き起こすか。

 「…じゃあ、頼めるか?」

 「りょーかい。ビビア」

 『はい』

 ビビアさんが、フィリを抱えて部屋を出ていくのを目で追いながら、俺はセドリックへと問いかける。

 「なあ、幾つか聞きたいことがあるんだが…いいか?」

 「ん? モチロンだよ。何が聞きたいのかな」

 テーブルに頬杖をついて、ニコニコと笑みを浮かべるセドリック。

 「あんた、転移者なのか?」

 俺の問いに、糸のように細い目を僅かに見開くセドリック。
 ……当たりか?

 「「・・・」」


 沈黙するセドリック。
 俺は、彼が向ける視線に真っ向から視線を返す。
 やがて、彼は口を開いた。

 「……如何にも、僕は転移者だよ」

 ビンゴ!!
 サハラに聞くかぎり、異世界召喚が最期に行われたのは数百年前──つまり、セドリックはエルビスと同じ数百年前の転移者の一人という事になる。
 容姿的には三十代前半にしか見えねえが、まあ数百年を生きてるんだ、エルビスと同様に既に人間を辞めててもおかしくないし、そうなるとあの強さも頷ける。
 要するにこいつは、ただの人間じゃないって事だ。

 「やっぱり、そうなんだな」

 「うん。因みに出身地はイギリスだよ。転移者の存在を知ってるって事は、君もそうなのかい?」

 俺は、転移者でもあるが…転生者でもあるからな。
 自分の出自とこの世界に来てからの事について軽くセドリックに説明する。

 「へえ、アーノルド君と知り合いなのか。懐かしいなぁ。それに、転生の儀ね。だから君は転移者でありながら魔獣─いや、神獣なんだね」

 アーノルドというのは、エルビスの本名だ。
 確か、エルビスと言う名前は神獣としての名前だと奴は言っていた。
 それより、セドリックの言葉に少し引っかかりを覚えた。
 聞いてみるか。

 「…なあ、今更なんだが森で戦った時、何で俺が人間じゃないことがわかったんだ?」

 自分で言うのもなんだが、俺の姿はどっからどう見ても、人間にしか見えない。
 間違っても、あの男達のように化け物呼ばわりされたり、セドリックにソッコーで見破られるような事はないと思うんだが。

 「え…嘘でしょ?」

 俺の質問に先程よりも一層目を見開くセドリック。
 え? 俺、変なこと言ったか?

 「ロウ君…君、もしかして自分が周りにとても濃い魔力を放ってるのに気付いてないのかい?」

 …ナンだって?

 「魔力が…ナンだって?」

 若干、混乱気味でこたえる。
 セドリックは溜息を一つ。

 「無意識であれだったのか。てっきり、わざとやってるのかと思ってたよ。その調子だと、人化の練度も低いんだろうね」

 「おい、何の話だよ」

 確かに低いよ。
 悪いかよ。
 なんだ? 人化は魔力と関係があんのか?

 セドリックは、俺が説明を求めても返事をせず、それっきり考え込んでしまった。
 無視か…この野郎。

 「おい、セドリック──」
 『ただいま戻りました。三人ともぐっすりでしたよ』

 もう一度、呼びかけようと口を開いたとき、フィリをベッドへ運びに行ってくれていたビビアさんが部屋へ戻ってくる。
 そして、ビビアさんを一瞥したセドリックは、もう一度俺に向き直り、真剣な面持ちで口を開いた。

 「ロウ君、僕達は君にピアを助けて貰ったお礼をしないといけない。だから、僕からは正しい魔力の使い方、ビビアからは人化の術の極意を教えるというのはどうかな?」

 そのあまりにも美味しい話に、俺の頭にあった疑問は一瞬で吹き飛び──


 「お願いします!!」

 ──速攻で頭を下げた。

「銀狼転生記~助けた幼女と異世界放浪~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く