銀狼転生記~助けた幼女と異世界放浪~

テケテケさん

M037① ~僕らは、銀狼に出会います~

 突如として僕等の前に表れた、白銀色の狼。
 ……狼?

 「ちょっと、この世界に狼なんていた?」
 「おっきなオオカミさんだね~」

 そう、ギルドに登録されている魔物・魔獣の中に、狼系の魔獣はいなかった。

 「どうやら、新種かな? おおかた今回のスタンピードもこいつが原因だろうね」

 そこにいるだけで、肌を刺すような殺気と威圧感にさいなまれる。
 これほどの怪物が森からやって来たなら、他の魔物達が逃げ出すのも仕方ないね。

 取りあえず、僕等の取るべき行動は…。

 「全員、戦闘準備!!」
 「了解!」
 「あいさーー!!」
 『準備完了です』

 僕等、Aランク冒険者パーティー〈草花の誇り〉に与えられた任務は王国の防衛。
 それは、どれだけ相手が強大でも逃げるための口実にはならない。
 ここは通すわけにはいかないんだ。
 その時、銀狼が動いた。

 「ウァォオオオオオオオオオオオンン!!!」

 「っ!」
 「くっ」
 「わっ!」

 鼓膜を突き抜けるような、どの魔獣とも違う咆哮。
 思わず後退ってしまう。

 『!! 敵の魔力が増大しました! 来ます!』

 「回避に専念して!」

 銀狼が口を大きく開く。
 まさか!

 ──ドウッッ!

 直後、僕等の真上を通り過ぎるように、圧縮された空気のような波動が放たれた。
 へ向けて…。

 「霞ヶ浦さん!!」
 『わかってます!』

 今現在、砦にいる霞ヶ浦さんが、極太の熱線を放ち、空気の波動を迎撃しようとする。

 …が出来なかった。

 ──ゴガァアアアン!!

 空気の波動は、驚異度Bの魔物なら一撃で倒せる熱線を巻き込んで、砦に直撃。

 「霞ヶ浦さん!?」
 『っ! こちらは大丈夫です』

 どうやら、波動によって崩れた防壁の近くには誰もいなかったようだ。
 ふう、良かった。

 「遠距離攻撃が可能なんて、聞いてないわよ」

 凛が呟く。

 「でも、やるしかないよ。白詰さん!」

 「任せんさい! サラリー、よろしく!」

 幾つもの巨大な火の玉が発生し、銀狼へと放たれる。
 その火の玉の影に隠れるように、僕と凛が突撃する。

 ──ドガァアアン!!

 全弾命中したが…効いている様子はない。

 「うっそお!」

 後方で聞こえる悲痛な叫び。
 気持ちは分かるよ。

 「柊流剣術 <一の型> 【両断】」

 凛が仕掛ける。

 「っ! 浅い!? ぐっ…かはっ!」

 凛の攻撃は、銀狼の硬い皮膚に阻まれて浅い切り傷をつけるだけに終わり、逆に尻尾のカウンターを受けて遠くへ吹っ飛んでしまう。

 「凛!? この!!」

 気合い一発、【限界突破】によって強化された身体能力で剣を振るう。

 「グァウ!?」

 右腕を切り飛ばす事に成功する。

 「よし!」
 『! 天哉君、そこから離れて下さい!』

 攻撃が通った事を確認して、もう一撃入れようとしたところで、霞ヶ浦さんから退避命令が下る。
 即座にバックステップを踏んで距離を空ける。

 同時に、凛の無事も確認する。

 「凛、大丈夫?」
 「くっ、肋骨が二本折れてるみたい。これ以上は動けそうにないわ。それにしても…」

 僕等は呆然と目の前の光景を目にする。

 「氷の…鎧?」
 「参ったな」

 いつの間にか、傍へやって来ていた白詰さんが呟く。
 そう、ただでさえ、硬質で攻撃が通りにくかった体に白銀の鎧を纏っていた。
 しかも、僕が切り飛ばした筈の右腕まで再生している。
 かなり不味いね。

 凛達に広がる絶望の表情。
 それも当然だ。

 凛は戦闘を続けられる状態じゃないし、白詰さんでは火力不足。
 霞ヶ浦さんも、今現在、牽制の攻撃を砦から放ってくれているけど、銀狼にはまるで効いてない。
 つまり、まともに攻撃が通ったのは僕だけだ。
 折角通った攻撃も、再生されたせいでおじゃんなんだけどね。

 『…すみません。私の魔力も尽きてしまいました』

 銀狼を牽制してくれていた霞ヶ浦さんの攻撃が止んだ。
 途端に、銀狼はこちらへと、ゆっくりと歩み寄ってくる。
 その姿はまるで、僕達に”向かってくるなら容赦はしない”とでも言っているようだ。
 …覚悟を決めよう。

 「凛と白詰さんは、砦の被害を抑えに行って貰えるかな」

 「なっ!」
 「ミッチーはどうするの?」

 二人は、僕が何をするつもりか察したようだ。

 「大丈夫。死ぬつもりはないよ」

 「無茶よ! ”測定不能アンノウン”なのよ! 驚異度の上限を超えてるの!! 貴方のスキルでも対応しきれるかどうか!」
 「そうだよ。ミッチー! ここは一旦皆で退いて、Sランクの人達の応援を呼ぼ?」

 静止の声をあげる二人の少女。
 僕は今から一人で、目の前を闊歩かっぽする銀狼と戦うつもりだ。
 誰が何と言おうと、この覚悟は揺るがない。
 ここで退いたら、たくさんの被害がでるからね。
 それに…。

 「やる前から諦める奴は、何物も成し得ない」

 「っ! それは!」

 凛がはっと表情を変える。

 「そう、君のお婆さんの言葉だ。この言葉の意味を考えて、僕がどうするべきか考えて欲しい」

 俯く凛。
 暫く逡巡しゅんじゅんし、そして……。

 「わかったわ」
 「ヒイちゃん!?」

 「ありがとう。凛──」
 「ただし!」

 そう言って彼女は、肋骨が折れた痛みに顔をしかめながら、立ち上がる。

 「絶対に、生きて帰ってきなさい。じゃないと、遺体は私が切り刻んで魔物の餌にしちゃうんだから」

 冗談かな、だけど彼女なら本当にやりかねないと思い、苦笑しながら頷く。

 「わかってる。命達ともう一度会うまでは死ぬわけにはいかないしね」
 「……わかってるならいいわ」

 そうだ。
 離れ離れになってしまった命や明里達に会うまでは、死ぬつもりは毛頭ない。
 それに、王国の為にも、必ず生きて帰る!

 「し、死んだら、許さないからね! ミッチー!!」

 負傷している凛に肩を貸しながら、白詰さんが去り際に言い放つ。
 手を上げてそれに応える。

 『御武運を』

 ありがとう。霞ヶ浦さん。

 僕は、もう一度剣を構え直して、歩みよってくる”絶望”を目に捉える。
 震える足に鞭を打つ。
 カタカタと小刻みに揺れる剣を強く握る。

 本当は、今すぐ逃げ出したいんだけどね。
 大見得切っちゃったから、退くに退けないや。
 でも、これでいいと思う。
 どうせ、戦闘に入れば何も考えなくてすむ。
 勝ち目だってゼロなわけじゃない。
 まだ、僕には奥の手がある。

 胸の底から湧き上がってくる恐怖を打ち消すように、叫ぶ。

 「行くぞぉおおお!! 銀狼ぉおおお!!」

 力強く、地面を蹴った。

「銀狼転生記~助けた幼女と異世界放浪~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く