銀狼転生記~助けた幼女と異世界放浪~

テケテケさん

M037② ~銀狼の正体は~

 ──ガキィイン!!

 競り合う、強化された身体で振るわれた剣と、氷を纏った前腕。
 そのどちらも、力は拮抗している。

 「うっ、ま、負けるかぁあああ!」

 まあ、僕の骨は悲鳴をあげてるけど、気にしてたら押し負ける。
 今ここで押し負けるものなら、僕も後ろの皆も衝撃で無事では済まない。
 だから必死だ。
 足に、腕に力を込める。
 前に前にと体重を置く。
 と…。

 「なっ…!」

 突然、銀狼が前腕をスッと退いた。
 当然、僕の体はバランスを崩して前につんのめる。
 そして、

 「グォウ!」

 「ガッ…!! ハッ!!」

 下から掬い上げるような攻撃、気づけば僕の体は宙へ投げ出されていた。

 「くっは…!!【天歩】!」

 意識が飛びそうになるのを堪えて、空中でも使用可能な歩法【天歩】で態勢を整えつつ、身の危険を感じてその場を離脱する。

 ──ゴウッ!!

 思った通り、先程、砦の壁を粉砕した空気の波動が身を掠めるように通り過ぎていく。
 冷や汗が背筋を伝う。

 「どうやら、あちらさんも本気みたいだね」

 さっきまでとは明らかに動きが違う。
 追撃までおこなってくる辺り、本気で僕を殺しに来てる。

 【天歩】を駆使して、一発でも当たれば死に直結する威力の波動を避けていく。
 しかも、こちらは折れた肋骨がいつ心臓に刺さるかわかったものじゃない。
 動機が激しい、心臓が口から出そうだ。
 とんだアトラクションもあったものだね。

 「はぁああああああ!!! 【天翔波】!!」

 重力+天歩による加速力を加えて、剣術の奥義を放つ。

 「グァァァオ!!」

 金色の光波に包まれた銀狼。
 光波が消えた後には、氷の鎧に幾重にもヒビが入った銀狼の姿が、たいしたダメージは無いみたいだけど、これならいける!!

 「セィヤァアアアアア!!!!!」
 「ウォオオオオオオン!!!!!」

 力任せに、銀狼の頭へとまっすぐに剣を振り下ろす。
 それに対して、相手は頭突きで対抗する。

 先程までなら、頭を覆う頑丈な氷で僕の攻撃は全く通らなかっただろう。
 だけど

 ──パキィイン!!

 「グァ!?」

 【天翔波】によって既に限界だった氷の鎧は、粉々に砕け散った。
 動揺する銀狼。
 余程防御力に自信があったんだろう。
 慢心は戦いに置いて致命的だよ。

 「これで、終わり!!」

 そして、僕の剣が変形・・する。
 その形状は剣から弓へ、これが僕のもう一つのユニークスキル【聖光弓乃剣アノマロカリス】剣と弓に変形可能な神器を召喚するスキルだ。
 まあ、その代わり、剣術と弓術のスキル練度は二つ合わせて最大なんだけどね。

 「邪悪な敵を打ち抜け!【天矢射】!!」

 そして、ゼロ距離で放たれた
 極光の矢は、たやすく銀狼の頭を打ち抜いた。

 「グォオオオ……」

 銀狼は、その場に力無く倒れ込み、やがて影に溶け込むように消えていく。
 それと同時に、【限界突破】の効力が切れて、体に激痛が走る。

 「ハハッ…なんとか…。なったね…」

 ──ワアアアアアアアアアアアア!!!

 砦から聞こえてくる地を揺るがすほどの歓声を背に、僕は意識を手放した。


◆◆◆◆

 「お?」
 「どうしたの? ロウ?」

 焚き火を挟んで、対面に座るフィリが首を傾げて問う。

 「いや、昨日の夜にマッピングに向かった分身の内、一体の反応が消えたんだ」

 因みに、今は前の世界でいう朝の八時位だろうか。
 サハラは、まだ寝てる。
 どうやったらあんな寝相になるのか、今度聞いてみるか。

 「ん? 消えた? ガーゴの時みたいに?」
 「そうそう、多分接敵した相手にやられたんだと思う。ガーさん時みたいに」

 何でもないように会話しているが、実は結構深刻な問題だ。

 分身が消える=分身より強い敵の存在

 となる。
 分身は、例の【虚飾】で創り出したモノで、使用可能なスキルに制限はあるものの、ステータス自体にかかる制限は、本体の七十%程になってる。

 で、その反応が消えたのは、王国へ行くには避けては通れない、うんたらかんたら砦だ。
 うーん。
 今日向かうのは得策じゃないかもな~。

 「フィリ、今日の予定はずらして、明日王国へ向かおうと思うんだけどいいか?」

 「ん。私はそれで構わない」

 まあ、無理して危険に飛び込む事もないし、妥当な判断だろう。
 サハラには後で聞くことにする。

 「今日はフィリのレベル上げでもするか」

 「ん。楽しみ♪」




 ──この選択が、俺を数々の出会いへと導いていくことになる。
 

「銀狼転生記~助けた幼女と異世界放浪~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く