銀狼転生記~助けた幼女と異世界放浪~

テケテケさん

036 ~論争と捕獲~

 夜空に浮かぶ満月の下、今この場では、二人の少女の熱い戦いが繰り広げられていた。

 「君は何を言ってるのさ!! おにーさんの魅力は外見だけじゃ図れないんだよ? おにーさんの本質は、その心に潜む邪と光が見事に両立した素敵な魂にあるんだよ!! 
 そんな事も見抜けないなんて、神の名において、君をハーレムメンバーとして認めるわけにはいかないね!!」

 「あなたこそ、何言ってるか理解不能。自称神なんて、頭が沸いてるとしか思えない。私は”ロウが外見だけ”なんて言ってない。それに、ロウは最初から私の者、あなたにどうこう言われる筋合いはない!」

 白熱する戦い、二人の少女はお互いに一歩も退く気はない。

 「残念でした~。おにーさんと最初に出会ったのは私です~! 私がメインヒロインです~!!」

 紫髪の少女──サハラが言う。

 「誰が最初に出会ったかなんて関係ない。ロウと一番長く一緒にいたのは私。ロウと一緒に寝たこともある」

 金髪の少女──フィリが負けじと返す。

 「くっ、羨まし─じゃなくて……。仕方ない。このままじゃらちが開かないね。ここはお互い公平に、同時におにーさんの魅力を叫ぼう」

 いや、絶対お前の方が不利だったろそれ?
 お前にとっての公平だろ? それ。

 自分の話なのに、俺は渦中の外で、大人しく湖のほとりに座って傍観してる。

 「分かった。望むところ」

 いや、受けちゃうのかよ!
 なんか、フィリって自分が有利な時でも相手と同じ土俵に立とうとするよな。
 別にどうってわけじゃねえんだが、損してるぞ?

 「では、問おう! おにーさんの魅力的な表情を二つ挙げよ!」
 「そんなの、もう答えは出てる」

 ちょっと待て!
 なんだそれ!
 本人の前で言っちゃうの? それ。

 「「戦闘中と照れた時の表情!!」」

 どういうこと!?

 「「・・・」」

 沈黙。
 そして

 「君をハーレムメンバーとして認めよう!」
 「あなたとは分かり合える」

 お互いに硬い握手を交わした。

 「ちょっと待てい!!」

 二人の顔が同時にこちらを向く。

 「おに~さん。今声をかけるのは野暮やぼって物だよ。後で私だけに話しかけてね」

 「ん。今、女の友情を結び合った所。ロウは黙ってて。私だけに声をかけるなら許す」

 お、おおう。
 圧がスゲエ。

 渋々、抗議の声を引っ込める。
 全く、何がしてえんだ。
 あの邪神は……。
 てか、なんでここに?

 「なあ、サハラ?」

 「何!?」
 「・・・」

 途端に、邪神が凄い勢いで顔を向けてくる。
 何で、嬉しそうなんだよ。
 ……なんか、フィリの顔がメッチャ怖い。

 まあ、いいや。

 「なんで、お前がここにいるんだ?」

 「……え?」
 「…プフッ」

 あ、フィリが笑いを堪えてる。
 なんか面白いこと言ったか? 俺。
 単純に、サハラがどうしてこの場にいるのか見当がつかねえだけなんだが。
 というか、いつからいなかったのか、いつまで一緒に居たのか思い出せん。
 確か、ダンジョン出た辺りまではいたっけ?

 サハラは、時が止まったかのようにフリーズしている。
 そして、意識が覚醒したと同時に、早口にまくし立てる。

 「ちょっと!? おにーさん!? それは酷いよ!! 私、今までず~~っと変な空間に閉じ込められてたんだよ! もう何なのさ? あの空間は。
 邪神の私を完全に封印するなんて! 末恐ろしいよ! 私、益々おにーさんに惚れちゃったよ!! コホンッ…それで、さっきおにーさんが呼んだからやっと出てこれたんだよ」

 ああ~。
 すっかり忘れてたわ。
 確か、やっとダンジョン抜けたら〈サハラの森〉じゃん!
 みたいなオチに切れて、サハラに八つ当たりの意味を込めて、【空間魔法】で収納したんだっけか。

 「八つ当たりだったの!?」

 おっと、ある程度の心は読まれちまうんだった。
 これからは思考にも注意しねえと。

 「え、ちょっと? あれ、無視? ねえってば!?」

 サハラの言動を適当に流しながら、俺はフィリと寝床につく。

 こうして、夜は更けていく。


◆◆◆◆


 「おい! そっちへ行ったぞ!」
 「回り込め!!」
 「ワイド、準備頼む!!」
 「了!!」

 夜の森に男達の喧騒が響く。
 その数は五人程。
 皆、上質な肉を目の前にした犬のように爛々らんらんと目を光らせて、森を走っている。

 「わ~ン!! こッチ、コナいデ~」

 その中で、一際響く、辿々たどたどしさが残る可愛らしい声。
 しかし、男達はその声に聞く耳を持たない。

 「ははっ、まさか、身に成らねえ調査任務の帰りにこんな奇跡が起こるなんてな~!」

 「ホントだぜ、人語を喋るハーピーなんて見たことも聞いたこともねえ! こいつを捕まえりゃあ、好色家の貴族共にはさぞ高く売れるだろうよ!!」

 「そうなったら、俺達全員、一生遊んで暮らせるっすね!!」

 「おらぁ、大人しくお縄につきやがれー!」

 「ヒャッハーー!!」

 「わーーーん!!」

 そう、男達は〖アルデンス王国〗が冒険者ギルドから派遣した調査隊。
 こう見えて、なかなかの凄腕である。

 そして、男達の視線の先には、木々の間を飛行・・する一人の少女が。

 もちろん、宙を飛ぶ少女が普通の少女な筈はない。
 少女には、本来腕のあるべき場所には緋色の翼が、体は紛れもない人間の物だが、胸や秘部の辺りは、僅かな羽毛に隠されている。
 膝から下は人間のそれではなく、鳥の特徴を反映した硬質そうな皮膚に覆われ、鋭利な鉤爪がある。
 男達の言うとおり、彼女はハーピーだった。
 しかし、通常のハーピーは人語を話すことは出来ない。
 その事から、ただのハーピーではないことがうかがえる。

 「ア~~ん! タスけテー! ママーー! パパーー!」

 「くそっ、やっぱ速え…!!」
 「諦めるんじゃねえ! もうすぐでポイントだ。ワイドの腕を信じるしかねえ! ブッチ、 そのまま追いつづけろ!!」
 「ハイっす!!」
 「ヒャッハーー!!」

 男達は、木々の間を素早い動きで翻弄するハーピーの少女を、何度も見失いそうになりながらも、そのトリッキーな動きに必死で食らいつく。
 彼らは、大金を前に一歩も退くことは出来ないのだ。

 永遠に続くかと思われた、大金を賭けたリアル鬼ごっこは、唐突に終わりを迎える。

 「ワッ!! な、ナにこれ!!」

 少女が空中で突然、何かに貼り付けにされたように、動きを止める。
 身動きが取れないようだ。
 そして、少女が止まったと同時に、木陰から一人の男が歩みでる。

 「我、糸使いのワイドの領域に足を踏み入れたら最期、決して逃れる事は出来ぬ」

 暗闇に目を凝らせば、うっすらと糸の用な物が視認できる。
 その糸が、まるで獲物を待ち受ける蜘蛛の巣のように、木々の間に張り巡らされている。
 少女はその罠の一つに捕まったようだ。

 「ナイスだ、ワイド! やれ、ケビン!」
 「おう、お縄につきやがれー!」

 そして、少女に追いついた男達の一人──鉄鎖テッサのケビンが動く。

 「ふぁぁア!?」

 途端に、ケビンから飛び出した鎖が少女を雁字搦めにし、地面に引きずり落とす。

 「今だぜ、リーダー!!」
 「おうよ! 電魔のロータの力、とくと思い知りやがれ!」

 そして、リーダーと呼ばれた男──ロータが、少女を捕獲した鎖に電撃を流す。

 「ピギャア!!」

 そして、鎖を伝った電撃は少女に直撃、少女は甲高い声を上げた後、ピクリとも動かなくなる。 
 どうやら、気絶してしまったようだ。

 「お疲れっす! リーダー!!」
 「おう、ブッチ! ナイス追跡術だったぜ!! ワイドもな!」
 「身に余る光栄」
 「ヒャッハーー」

 男達はお互いを称えあう。
 そこに、ケビンが鎖で簀巻すまき状態になった少女を小脇に抱えてやってくる。

 「リーダー。これからどうすんだ?」

 ロータは辺りを見回す。
 そして、巨大樹に開いた大きなうろを見つける。

 「そうだな。今日は遅えし、あそこで野宿としゃれ込むか」

 「お、良いねえ」
 「賛成っす」
 「異議なし」
 「ヒャッハー!」

 男達は、夜の森は危険と判断して、夜を明かす事になる。
 それが、どのような結果を招くとも知らずに。

「銀狼転生記~助けた幼女と異世界放浪~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く