銀狼転生記~助けた幼女と異世界放浪~

テケテケさん

035 ~湖の畔で~

 俺は、突如としてこの世界に転移し、突如として子犬に転生させられ、狼への成長を経る。

 そして今、再び人間の姿へと舞い戻った。
 ここまでは、まあ、色々規格外な話だが許容範囲内だ。
 こっちの世界で、様々な経験を果たした俺は寛大なんだ。
 それに、人化したら食肉衝動は大分落ち着いた。
 これはとても嬉しい。
 だけどな……

 「なぁあああんで!! 性転換してんだよぉおおお!!」

 絶叫。
 月明かりが反射する湖畔で、裸体を晒したままその場に崩れ落ちる。

 これはねえわ!!
 悪趣味だわ!!
 何が嬉しくて、転生ついでに性別変えられなくちゃならねえんだ!
 普通、女扱いされるのが嫌だったやつを女にするか?
 どんだけ、ハイクオリティな嫌がらせしてんだよ!
 この世界じゃねえとできねえよ! こんな魔法じみたこと!

 ゆっくりと立ち上がり、再び自分の姿を湖面に映す。
 肩甲骨まで伸びきった、見慣れた銀色の髪。
 散々、女扱いをされてきた中性的な顔立ち。
 女のように、丸みを帯びた体つき。
 細い指、華奢でいて、少し筋肉質な体躯──

 ん?
 あれ? 
 転生前とそんな変わってないような気がする……。

 性別、変わってねえのか?
 だが、もし変わってないのだとしたら、俺は自分の姿を”女”だと認識したことになっちまう!

 そして、下半身に視線がいく。

 あっ!! 決定的な証拠があった!

 息子だ! 俺の息子・・がいねえ!!
 男の象徴が綺麗さっぱり、跡形もなく消失している。

 なんてこった!!

 俺を幾度となく、ホントは女だという疑惑から救い続けてくれた、男の証。
 その効力は、かの水戸黄門が自身の地位を示す際に、提示した”紋所もんどころ”に匹敵する。
 その紋所あかしが消失した今、俺に性別を証明するすべはない。
 くそっ!

 ……というか、この性転換、どうも中途半端な感じがする。
 女にしては、胸がないし女性器らしき物も見当たらない。
 というか股下には何も存在してない。

 それ以外の俺自身の変化が少なすぎる。
 どうせなら、もっと女らしい変化も出来た筈だ。
 望んではねえけどな?

 …女じゃないのか?
 だからと言って男だと判別する事も出来ねえし…。
 まるで、女と男の中間をとったような……。

 「ロウ、まだ?」

 自分の変化に疑問を抱いていると、フィリが小さく呟いたのが聞こえた。
 フィリは、俺の意をくんで、三角座りをした膝の間に顔を埋めてくれていた。
 だって、イベント感出したいじゃん?
 こういう遊び心があってもいいと思う。

 正直、この姿を見せるのはかなり嫌だが、あまりフィリを待たせるわけにもいかねえ。
 …よし。

 『フィリ。顔を上げてくれ』

 フィリが、恐る恐る顔を上げていき、俺の姿を視認した。


◆◆◆◆

 私は、目の前に立つ、の姿に動揺する。

 月の明かりを反射してキラキラと輝く銀色の髪に、黄金色の眼瞳。
 夜の闇に浮かぶその人間の姿は幻想的ですらある。

 ──カッコイイ。

 目が離せない。
 性別はあやふやな感じがする。
 でも、それ以上に見とれてしまう程にカッコいいと思った。

 それが、意中の相手の姿だと思うと、胸が熱くなって、お腹の下がキュンとする。

 「ロウ…なの?」

 自分の声が掠れているのが分かる。

 「おお…あ、声が出る…じゃなくて、ああ、そうだぜフィリ。因みに、れっきとした男だからな? 女じゃねえからな?」

 息を呑んだ。
 ガーゴのハスキーな声や、姉さんの絹みたいな柔らかい声とも違う。
 凛とした、空気を透き通るような綺麗な声。
 【念話】じゃないのに、頭に響いてくる。

 初めて、恋心を抱いた相手が目の前で裸で立っている。
 姉さんによって教えられた大人な知識が頭に浮かぶ。

 吐息が漏れる。

 「フィリ?」

 ──もうダメ。

 火照った頬を誤魔化しながら、私はロウの懐に飛びついた。

◆◆◆◆

 突然、フィリが飛び掛かってきた。

 「ちょ、フィリ──ガフッ!」

 ラグビー並のタックルを受け、ダメージを負うも、何とか耐える。
 そして、抱き付いたフィリを剥がそうとするが、ビクともしない。
 くそっ、人化した影響でステータスが下がっちまってんのか!?

 「うおっ!」

 バランスを崩した俺は、フィリに押し倒される形で背中から地面に倒れる。
 必然的に、俺の上にはフィリが抱き付いた状態で覆い被さっている。

 「フィリ! 落ち着け! 取り合えず離れてくれ!」

 「…ロウ」

 俺の腰に回していた手を放して、起き上がるフィリ。
 わかってくれたか…。

 「……フィリ?」

 だが、何故かフィリは俺に跨がった状態で動こうとしない。
 あの、どいてくれねえと起き上がれねえぞ?
 この構図はちょっとヤバいっつーか、傍から見たら誤解されるっつーか。

 「ロウは、私…嫌い?」

 「は? そんなわけねえだろ、フィリの事は好きだ、だから─「良かった。じゃあ、いいよね?」って、え?」

 そして、何故か両手を地面に抑えられて固定される。

 「……フィリ? これだと俺、動けねえんだけど。え、聞いてる?」

 俺の言葉を聞いているのかいないのか、フィリの様子がおかしい。

 「私は、ロウからたくさんの”初めて”を貰った。とても感謝してる。こんな気持ちになったのは、多分…ロウだけ。だから──」

 「な、な……っ!!」

 顔を俯けていたフィリの顔が目の前に来る。

 その紫の瞳は情欲で濁り、漏れる吐息は熱い。
 フードからこぼれた金髪が俺の頬へ垂れ落ちる。
 幼女感丸出しだったフィリが、大人の色気を漂わせている。

 ヤバい、ヤバい!!
 突然過ぎて頭が混乱してる。
 でも、このままだとマジでヤバい!!
 取り返しがつかなくなる。

 「私の初めても。──ロウにあげるね?」

 そして、遂にフィリが目を閉じて顔を下げ始める。

 ──俺の唇に向かって。

 ど、どうすればいいんだ!?
 これから起こる事は、流石の俺でも分かる。

 一方的にフィリに唇を奪われようとしている。
 それだけは嫌だ!
 フィリが嫌なんじゃねえ。
 男として、女性の方から迫られる……。
 なんてのは絶対に避けなきゃならねえ!!
 だからと言って、フィリに完全に抑え込まれているために、俺には何も出来ない。
 フィリを攻撃するなんて俺には出来ねえし…。

 そうこうしている内に、少し頭を上げれば額が触れあう距離までフィリの顔が近づく。
 頭が真っ白になる。

 ヤバい、ヤバいヤバいヤバい!!

 誰か、誰かこの状況を何とかしてくれぇえええええ!!!

 ──ボフン

 「きゃっ!」

 「…ん?」

 唐突に、体が自由になる。
 なんだ?

 体を起こして、横を見ると、フィリが離れたところで頭を抑えて蹲っている。

 「…誰?」

 目に涙を溜めて俺──正確には俺の背後を睨んでいる。
 恐る恐る振り向くとそこには──

 「おにーさんに迫ろうなんて、百年はやいよ! エロフちゃん!!」

 紫の髪に、白のワンピース。
 宙に浮き、フィリを指指してポーズを決める少女。
 俺を、狼へと転生さした張本人。





 ──邪神サハラがいた。

 どうやら、絶体絶命(?)のピンチは邪神の手によって事無きを得たようだ。


 ………解せぬ。

「銀狼転生記~助けた幼女と異世界放浪~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • マチョ崎

    オールマイトwww

    2
コメントを書く