銀狼転生記~助けた幼女と異世界放浪~

テケテケさん

032 ~森のクマサン~

 ああー。
 やっちまった。
 思わぬ所でエンカウントイベント発生だよ!

 フィリが咥えられた状態のまま、ハイライトの消えた目で俺を見上げる。
 やめて~。
 そんな目で見ないで~。

 俺は、フィリの視線から逃げるように目の前のクマサンを【鑑定】する。


*****************************

名前 なし
種族 フォレストベアー  危険度:C+



LV:29/30
HP:360
MP:50

攻撃力:200
防御力:180
抵抗力:10
俊敏性:20
魔法力:6
 運 :10



:ユニークスキル:
 なし

:パッシブスキル:
 【攻撃力up小】【嗅覚上昇小】【インセクトキラー】

:ノーマルスキル:
 【突進】【怪力】【豪腕】

:称号:
 〖殺戮者〗〖フォレストビーの天敵〗


*****************************

 おっし。
 フィリの相手としては合格値だろう。
 こいつを倒せば、フィリのレベルは最大になるはずだ。

 うん。
 結果オーライだ。

 俺は、クマサンを刺激しないように、フィリをゆっくりと地面へ置く。
 若干不機嫌そうだが、頑張ってくれ。

 「武器」

 ん? 
 フィリが手を出してくる。

 『どうした?』

 「短剣、頂戴」

 え、フィリなら魔法使って倒せば良いんじゃ?
 俺が疑問に思っているのを感じたのか、フィリが不適な笑みを浮かべる。

 「私がお荷物じゃない所を見せる」

 どうやら、フィリはここで自分の実力を見て欲しいようだ。
 別にお荷物なんて思ってねえのに。

 『まあ、そこまで言うなら』

 格納庫から短剣を数本取り出してフィリに渡す。

 「ちょっと、重い」

 だ、大丈夫か?
 メッチャ心配なんだけど!?

 「でも、殺る!」

 そう言って、フィリが駆け出す。

 『あ! ちょい──』

 「グォォォアア!」

 クマサンは向かってくるフィリを敵だと認識したようだ。
 二本足で立ち上がって威嚇する。

 不味いって、いくら相手が同じくらいの強さっていってもそれはレベル上の話。
 遠距離戦では圧倒的に有利なのに、わざわざ相手の土俵である近接戦闘に持ち込むなんて!

 フィリの攻撃力じゃ、ダメージが通らねえよ!
 ここは救援に──

 「ガァアアア!!」

 な、なんだ!?
 クマサンがよろめいた。
 見ると、クマサンの胸辺りに短剣が突き刺さってる。
 何をしたんだ?
 いや、フィリの手元から凄い勢いで、短剣が放たれたのは見えた。
 けど、フィリは【投擲】や【短剣術】のスキルなんて持ってなかった。
 ましてや、魔法特化ステのフィリが投げた短剣が見るからに硬そうなクマサンの剛毛を貫通してダメージを与えるなんてありえねえ!

 攻撃を受けたクマサンは怒り心頭だ。
 立ったまま、両手を高く上げる。
 やばい、多分【豪腕】だ。
 普通の攻撃でも、一発貰えば危険だってのに、あんなの喰らったらフィリがミンチになっちまう!

 しかし、フィリはそのまま真っ直ぐにクマサンへ突っ込んでいく。
 やべえ!!
 クマサンが両手をクロスさせながらフィリ目がけて振り下ろす。

 『フィリィィィィ!!』

 悲惨な未来を予想し、助けに向かおうとしたその時だった。

 「〈噴出ジェット〉!!」

 フィリが加速する。
 なんだ!? 
 足の裏から風を噴出してスピードを上げてんのか!?

 間一髪、フィリはクマサンの豪腕攻撃をすり抜ける。
 その勢いのまま、フィリを見失って硬直したクマサンの股の間を通過する。

 その際に、短剣を一本、股下へ取り落とすフィリ。
 そして、地面へ落ちかけた短剣が、真上に打ち上がる。

 そう、股下・・から真上・・にだ。

 「グホォォォォォォォォォォオン!!!!」
 『うおぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁああ!!!!』

 思わぬ急所への強襲を受けたクマサンが悲鳴にも似た叫びを上げる。
 俺も、精神的な意味で思わず叫ぶ。
 今、ゾッとしたわ!

 クマサンがオスかメスかは分からないけど、どちらにせよあそこは悲惨だろう。
 下半身の描写は控えさせて頂く。(主にクマサンの尊厳の為に)

 だが、尊い犠牲のお陰でフィリの攻撃がクマサンに通る理由が分かった。
 自身や、短剣に【風魔法】による推進力を攻撃力を上乗せしていた訳だ。

 なんて賢い戦い方を!

 よし、クマサンはまだフィリを見失ってる。(それどころじゃない)
 対してフィリはクマサンの背後。

 『いけ! フィリ! 背後からブスッとやって、速く楽にしてやれ!』

 だが、またしてもフィリが予想外の行動に出る。

 「〈噴出〉!!」

 ──ドヒュン!!

 今度は、フィリ自身が【風魔法】によって真上に打ち上がる。
 何する気だ!?

 空中でフィリは両手に短剣を二本持つ。
 確か渡した短剣はアレで最期だ。

 「〈噴出〉!!」

 今度は空に向かって【風魔法】を放つ。
 フィリには下のベクトルで風の推進力が加わる。
 そこに、下へ落ちるという重力の力が作用する。

 結果、フィリはものすっごい勢いで突撃らっかする。

 「ん!!」

 下に待ち受ける、クマサンの頭部に向かって……。

 ──ドスン!!


◆◆◆◆


 クマサンの巨体が、仰向けに地に倒れ込む。
 その頭部には、短剣が二本、角みたいに突き刺さっている。

 そして、俺の目の前には、若干の”ドヤ”を表情に浮かべながら、「誉めて!」とばかりにアホ毛を揺らすフィリが立っている。

 『あー。凄かったぜ!! フィリ!』

 「ん♪」

 フィリの頭をナデナデしながら俺は心の中で強く思った。


 ──クマサン。あんたの犠牲は忘れねえ!!

 

「銀狼転生記~助けた幼女と異世界放浪~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く