銀狼転生記~助けた幼女と異世界放浪~

テケテケさん

閑話:~鳴動する王国~

 ──王国 城中

 「どういう事ですか!?」

 部屋の外にまで聞こえた声、廊下を警備していた二人の兵士が顔を見合わせる。

 「今の声、ミラー様の声だよな?」
 「ああ、あの人が声を荒げるなんて珍しい事もあるもんだな」


 現在、兵士達が警備している部屋では王国の名の元に、集まったそれぞれの小国や都市の近況報告が行われており、各都市のトップや小国の王達による、機密情報の受け渡しなどが行われている。
 勿論その中には一兵士が知ればは文字通り、首が飛ぶような内容まで含まれるわけだが。
 そこで、兵士の片割れが気付く。

 「てか、防音魔法の効果きれてんじゃねえか! 早く魔道士呼んできて掛け直させろよ!」
 「やっべ!」

 それを聞いたもう一人の兵士は慌てて魔道士を呼びに持ち場を後にした。

 ──あのお方が、声を荒げるなんて、こりゃ本気で何かあったな。

 部屋の中で議論が白熱化する予感を背に感じながら、兵士は警備の方へ意識を戻した。


◆◆◆◆

──王国 城中:会議室

 象が丸々二匹は入りそうな程大きな部屋に、これまた大きくて豪勢な丸テーブル。
 そのテーブルを囲むようにして、各国・各都市のトップ達が席に着いている。

 そんな中、テーブルに両手を着いて体を乗り出した状態で静止している人物が、その切迫した表情から先程、声を上げた人物だと推測出来る。

 水色の髪を肩口で切り揃え、背には煌びやかな装飾の施された槍を携えている、彫像のように美しい造形の女性。

 名を”エリシャ・ミラー”
 王国の北を進んだ所に広がる広大な海、〈アルマ海〉に浮かぶ街、〖水上都市アクリル〗の領主であり、七つの武器の一つを極めた者──〈槍王〉の称号を持つ人物でもある。

 ミラーの視線の先には、精悍な顔つきをし、顎髭を蓄えた筋骨隆々の男がいる。
 かの人物こそが、〖アルデンス王国〗六十四代目国王。
 〈剣王〉”イシュバール・ゼファー”である。

 「どういう事か? そのままの意味だが」

 席を立ち上がって意義を唱えるミラーと違って、ゼファーは落ち着いた様子でどっしりと腕を組んで言葉を返す。
 その様子が気に障ったのか、なおも声を荒げるミラー。

 「だから! 何故、私達に黙って勝手に”異世界召喚”等という、行為に及んだのか! その意味を問うているのです!」

 「答える義務はな──」

 『私も、エリシャと同じ考えです。ゼファー、本来”異世界召喚”とは禁じられた術。それを使うに至った、納得のいく説明を求めます』

 ゼファーの言葉を遮って聞こえてきた言葉。
 出所は、ゼファーから見て斜め右方向の空席の前に置かれている紫色の水晶からだ。
 出席者の視線が一斉にそちらに向かう。

 「この場にいない貴殿が意見を述べる筋合いは無いと思うのだが、デグレフ殿」

 ゼファーは、水晶の向こうに居る人物の名を、心底嫌そうな顔で呟く。

 『私が多忙なのは、貴方も御存知では? それに、バルカンの領主が問うているのです。答えないとは言わせませんよ?』

 〈杖王〉”レギーナ・デグレフ”
 王国を支える都市の一つ、〖魔法都市バルカン〗の領主である。

 まつりごとに長けた人物であり、必要となれば、いつ何時でも冷静な判断を下すことから、「氷酷のデグレフ」と呼称やゆされている。
 また、魔法都市という特殊な役割を担う都市なだけに、領主でありながら、国王であるイシュバール・ゼファーや、帝王ケイン・クロイツと同等の権力を持っているため、一都市でありなが
ら二カ国に匹敵するほどの命令権と兵力を持っている。

 故に、一領主であるミラーだけでなく、彼女からも意義を唱えられては、いかに国王であろうと答えざるを得ない。

 ゼファーは、渋々といった様子で口を開く。

 「……魔王国を滅するため、世界のためだ」

 「!!」
 『・・・』

 ミラーが息を飲む。
 無理もない、〖魔王国〗
 ここでその単語が出てくるとは思いもしなかったからだ。

 それは、他の出席者の面々も同じ、僅かに動揺が走っているのが見て取れる。
 そんな中でも、レギーナ・デグレフは冷静に言葉を紡ぐ。

 『つまり…。来たるべき時のため、戦力の増強が急務だったと?』

 「そうだ」

 再びざわつく出席者達。
 ”来たるべき時”、”戦力の増強” この言葉が暗に示すのは…。

 「ゼファー殿、まさか、戦争を起こすつもりか?」

 一同がざわつく中、静かでそれでいて重い声を発したのは、山のように大柄な大男だった。

 名を”イルゲン・ドゥーム”
 〖鉱山都市ガンダーラ〗の領主であり、〈槌王〉の称号を持つ豪傑である。
 彼の座る椅子には、その称号に恥じない巨大な槌が立てかけてあり、彼の容姿を含めて、圧倒的な存在感を放っている。

 「・・・」
 「・・・」

 ゼファーとドゥーム、二人の間に重い沈黙が流れる。
 お互いに、存在感が強烈なために周りに与えられるプレッシャーも尋常ではない。

 『つまり、貴方は過去の過ちを繰り返そうとしていると?』

 そんな中で沈黙を破ったのは、デグレフだ。

 「どういう事だ?」

 ゼファーが水晶を睨む。
 視線が集まる中、デグレフは言葉を続ける。

 『数百年前に起きた、異世界召喚によってこの世界にやって来た青年がこの世界の有様に疑問を抱き、国を興した。
 彼は魔の者を纏め上げて人類へ反旗を翻し、この世界を混沌へと導き初める。これが現在まで王国の悩みの種であり続ける──〖魔王国〗誕生のルーツです』

 デグレフの話に聞き入る出席者達。
 デグレフは言葉を続ける。

 『そして、先日報告にあった〈サハラの森〉の異変。調査隊の帰還はまだですが、時期的に見て異世界人が関与した疑いが非常に高い。
 つまり、貴方が問題解決のために行った行動は、違う形で新たな種をまいた行為に等しいと言うことです』

 沈黙する一同、眉を吊り上げる国王。

 「発言、良いか?」

 『どうぞ』

 皆が一様に声のした方へ視線を向ける。
 そこには、酒瓶片手にどっかりと椅子に腰を下ろしている男がいた。
 名を、”ダンカ・バルディッシュ”
 冒険者の街〖エイギル〗領主であり、冒険者ギルド総帥の地位を持つ。
 また、平民の出でありながら、〈斧王〉の称号を得ており、物怖じしない性格と、平民ならではの俗世に縛られない柔軟な態度や考え方が、多くの民から支持を得ている。
 服装は、冒険者が着るような重装備を着けており、御偉方がそろい踏みをする議場では違う意味で存在感を放っている。

 「一つ言わせて貰うが、別に異世界人がこの世界に不利益ばかりをもたらしてる訳じゃねえと思うぜ。
 現に、あんたが今使ってる『魔水晶』も、異世界人によってもたらされた技術だ。他にも、街を探せばそういった産物がいくらでも出て来る。異世界人は、この世界に技術と発展を与えてくれてるぜ?」

 バルディッシュの話に出てきた『魔水晶』とは、数百年前に発見された鉱石を加工して作られた物であり、魔力を流すことで、通く離れた相手へ【念話】の要領で言葉を伝える事の出来る代物である。(基本無色だが、込められた魔力によって色が変化する)
 今では、主に軍部の連絡用や重大情報を取り扱う時などに用いられる。
 希少な物なので、使用が許されているのは国王か、それに連なる者に限られる。

 「それに、森の異変の原因が異世界人って事にも賛成しがたいな。今、異世界人達は俺達──冒険者ギルドで預かってる。余程、勝手な真似をしねえ限り、そんな事態には陥らねえよ」

 再び場を沈黙が支配する。
 そして……。

 『ふむ…。貴方の言うとおりかもしれませんね。私としたことが、早計でした。少し判断を急ぎすぎたようです。国王イシュバール・ゼファー、先程の非礼お詫び申し上げます』

 「貴殿のお心遣い、感謝いたす」

 先程までのピリピリとした空気が、幾分か快方へと向かう。

 『ただし…』

 ──ピクリ

 再び吊り上がる国王の眉毛、凍りつく出席者達。

 『近いうちに、その異世界人達を数人こちらへ寄越して下さい。手厚い歓迎を致します』

 「「「!!」」」

 その言葉が意味すること、それは王国の戦力増強へ協力するという意思表示に他ならない。
 再び議場が騒然とするなか、王が口を開く。

 「わかった。そのようにしよう。他に、受け入れを許容してくれる都市は──」

 「私どもも!」
 「国王様、是非私の国も」
 「好待遇を約束しましょう!」

 次々にあがる立候補の手、政治に長けた「氷酷のデグレフ」が異世界人の存在を許容した。
 その事実は、人々に多大な利益を暗示させた。
 我先にと、異世界人の受け入れを認めていく。
 そこには、王が禁術を使った事実や、戦争勃発のリスク等は黙認され、無いものとして扱われていく。
 ミラーやドゥーム等、数人が否定的な見解を述べるも、時既に遅く……。

 こうして、王国を中心に世界は再び戦争へのカウントダウンを始める。

 それが、どのような結果をもたらすのかも知らずに。
 

「銀狼転生記~助けた幼女と異世界放浪~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く