銀狼転生記~助けた幼女と異世界放浪~

テケテケさん

閑話:~脈動する帝国~

 〈サハラの森〉を南に進んで抜けるとすぐに〈ヒルジオ山脈〉と呼ばれる山脈がそびえ立つ。
 その山脈を隔てた向こうには、強大な国があった。

 その名も、〖エンデ帝国〗。
 別名〈強者の国〉名前の由来は至って単純。

 ただ、強者たる国。
 百戦錬磨の軍隊を持ち、平民でさえ、他国の兵の力を上回る。
 地の利を活かした強固な守りを誇り、過去に一度とも、この国への侵略を成功させたものはいない。

 それもその筈。
 この国は〔強さが全て、強きは正義、弱きは悪〕を掲げている。


 この国では、殺人は罪にならない。
 殺される方が悪い。

 この国では、盗難も罪にはならない。
 盗まれる方が悪い。

 この国では、種族間の差別はない。
 強ければどんな姿をしていようが関係ないのだ。

 この国では、弱い事が罪なのである。
 良くも悪くも、”強い”に重きを置いた国。

 それが帝国である。


◆◆◆◆


──帝国 城中:謁見の間

 唯一、王への拝謁が叶う部屋。
 巨大な空間内いっぱいに、重い空気が立ちこめており、壁や天井には趣味が悪いと評価せざるを得ない装飾が施されている。
 見る人が見れば「魔王城では?」という判断を下すに違いない。

 ここに、一人の男が跪いている。
 彼の名前はロフォカス。
 年の功は30程。
 整った顔をしており、黒縁の眼鏡を着用している。
 この若さで、帝王から国の宰相の座を賜っている逸物である。

 男の前には玉座があり、そこには黒々とした水晶が置かれている。

 その水晶から、声が放たれる。

 『ロフォカス。一体何のようだい? こんな夜中に。報告は帰ってから纏めて聞くって言ったはずだけど?』

 まだ若さを帯びた声。
 だが、聞く者によっては失禁するほどの恐怖を伴う事だろう。

 ロフォカスは、その声に動じることなく言葉を発する。

 「お休み中、申し訳ありません。ケイン様。ですが、この報告の内容は、早急にケイン様のお耳に入れるべきだと判断したため、こうして連絡させて頂いた次第です」

 そう、水晶を介した会話の相手は、ケイン・クロイツ。
 強者溢れる、この国の現トップ─帝王であり、七つの武具の一つを極めた者〈拳王〉である。

 『ふーん。君がそこまで言うのなら、余程の緊急事態なんだろうねぇ』

 言外に、もしそうで無ければどうなるか分かってるよな?
 というニュアンスが含まれている。

 ロフォカスは、冷静に手元の報告書を読み上げる。

 「今日の夕刻、ヒルジオ山脈へ演習に向かった兵士達が、山頂で急激な気候の変化を確認。気になった者が、森の様子を見に行くと──」

 『見に行くと?』

 「森の一部─〈南の森〉が氷雪地帯と化していたようです」

 『…は?』

 しばらくの沈黙。
 そして、王が乾いた言葉を発する。

 『は、はは。それは…まずいね』

 「はい。既にこの情報は周辺諸国に伝わっており、近いうちに進軍の動きを見せるかと」

 『特に王国だね』

 二人の懸念することは、今まで、〈南の森〉という驚異値の高い森が山脈の向こうにあることで、王国は帝国との戦争時に森を迂回するしかなかった。
 それにより、帝国は楽して王国の軍を迎え撃つ事が出来ていた。
 だが、その森が無くなった今、帝国は王国を含めた周辺諸国にその無防備な背中を見せることになる。

 『奴らに山脈を占領されたら不味いね。原因は何かな? 調査隊は? もう送ったかい?』

 「いえ、まだです。ですが、〖雪姫〗が現象の原因と判断し、現在捜索隊を派遣しています」

 『いや、今回の件に〖雪姫〗は関係ないと思うよ? 僕と約束したしね』

 「ですが──『何かな?』…いえ、何でもありません」

 帝王の圧により、話は取り合えずの山脈警備の強化と調査隊の派遣へと傾く。

 『多分、調査隊を送ろうとしているのは周辺国も同じだろう。だから、向かわせるなら、なるべく腕の立つものが良いよね?』

 「そう予想されますね。それも、行動を起こしやすいように少人数で向かわせましょう。如何いたしますか?」

 調査に行くなら、不測の事態に対処しやすいように少数精鋭で向かわした方が良いと考えた結果だった。
 この方が、他国の妨害にも対処しやすい。
 帝王はしばらく考えて言葉を発する。

 『そうだね……。よし! 〖狂姫〗に向かわせよう。今、彼女と連絡はつくかな?』

 その人選はどうなのか? 
 それがその二つ名を聞いたときのロフォカスの心情だった。
 〖狂姫〗
 帝国の抱える問題児の一人である、少女の異名である。
 容姿端麗、才色兼備。
 姿を見ればその一言につきるが、いささか精神に問題があり、過去の任務では、味方の惨殺や過度な自然破壊を行っている。
 そして、男女、魔物関わらず彼女の手にかかった者は、無残な死体と成りはてるか、精神に異常をきたす。
 狂った姫とは良く言ったものである。

 「彼女をですか? よろしいので? 少々、王は彼女に甘いのでは…」

 『そうかな? まあいいじゃん。彼女、見てて飽きないし。で、連絡は取れるの?』

 誤魔化された。
 そう感じながら、ロフォカスは言葉を返す。

 「それは大丈夫かと、この時間なら、いつもの掃除・・の最中でしょう。」

 『ああ、なるほど。熱心だね~~。じゃあ、後の事は任せるよ』

 「はっ!」

 そして、通話が切れる。
 水晶は役目を果たし、粉々に砕け散った。

 「ふう」

 報告を終えたロフォカスは息を漏らす。

 この強者の国で、この若さで宰相の地位まで昇り詰めた彼にとっても、帝王ケイン・クロイツの放つ威圧が平気なわけではない。
 通話越しでも、それは変わらない。

 「…さて、あの女は今何処に居るのやら」

 外の調査に行けると知ったら狂喜しそうだ。
 そう考えながら、ロフォカスは部屋を後にした。


◆◆◆◆


 夜の帝国、そこは一言で表すなら危険地帯である。
 そこかしこで喧騒が聞こえ、殺人沙汰の事まで起こる。
 女子供には暮らしにくいことだろう。
 平民が強いのも、これが原因かもしれない。

 帝国を訪れた女冒険者が翌日、あられもない姿で道端に転がされている。
 なんて事も珍しくない。

 今夜も、数人の男がご馳走を見つけたようだ。


 「へへっ、嬢ちゃん。なんかオコマリみてえだな」
 「俺らが助けてやろうか?」
 「安心しな。金を取ろうなんて思っちゃねえさ。ボランティアだよ」

 いかにもな悪人面を構えた三人の男。
 何処かの漫画でヒァッハーしてそうな人にソックリである。

 「ホントですか!? それは助かります♪ 実は宿に戻る道を間違えてしまったようで」

 そんな男達に囲まれているのは、闇に溶けるような長い黒髪を携えたうら若き少女だった。
 目が見えないのか、小さく整った顔にある目蓋は固く閉ざされている。
 服装は、娼婦が身につけるような扇情的な白い薄服を着用している。
 武器らしき物は見当たらない。

 少女の反応を見た男達は、これ幸いとばかりに生唾を飲み込む。

 「ああ、任せとけお嬢ちゃん!」
 「俺達にドーンと任せときな」
 「ほらっ、こっちが近道だぜ」

 と、一人の男が少女を人気の無い脇道へと誘導する。
 男達に取って久々の獲物。
 しかるべき所まで我慢は出来ないらしい。

 「親切にありがとうございます。皆さん。所で──」

 少女が道の途中で立ち止まる。

 「私を犯そうとしてらっしゃいます?」

 冷たい声音で問いかけた。

 「「「・・・」」」

 男達は一瞬動きを止め、そして…。

 「今更、気付いても遅えんだよ!」
 「「おいっ!」」

 男達の中でも際だって血の気が多くあっちの欲も多い男が少女へ飛び掛かった。
 仲間が止めようとするも、男の手が少女の肩へ置かれる。
 そして──

 ブシャァアアアアアアアア!

 男の上半身が血飛沫を上げながら宙を舞った。

 「ひっ!!」
 「なっ!?」

 二人の男が驚くのも無理はない。
 飛び掛かった男が少女を押し倒そうとした刹那。
 少女の手に虚空から出現・・した武器が唸りをあげた──と認識したと同時に男の胴体が宙へ吹っ飛んだのだから。

 「ハア、卑しい蛆虫ですね。やはりこういったクズは何処の世界にも蔓延はびこっているのでしょうか」

 少女は、男の血飛沫を平然と浴びながら呟く。
 そこに、人を殺めたという罪悪感は感じられない。

 「てめえ! 何しやがる!!」

 先程の光景を目にして尚、威勢の良い男が吠える。
 完全に自分達のしようとしたことを棚にあげている。

 少女は武器を振って血を払うと、さも当然と言ったように言葉を発する。

 「はい? 何って、害虫駆除ですよ。こうもクズが多いとあの人でも身が危険ですし」

 「害虫駆除だとっ!!」
 「くそ、ポルをよくも!」

 どうでもいいが、死んだ男の名前はポルだったらしい。
 仲間を侮辱され、男は懐から短剣を取り出す。
 軽く怯えていた男も武器を出す。

 「へえ、今のを見てもヤル気ですか。そんなに溜まってるんですか? 救いようのないクズですね」

 「へっ。何とでも言いやがれ、この際、女だからって容赦はしね──」

 そこで男は言葉と動きを止めた。

 ──何だ? あの武器は?

 それは少女の持つ武器の異様さに気づいたからだ。

 形状は、剣に似ているがその持ち手は奇っ怪な形をしている。
 そして、その刀身の周りを無数の突起が周回しており、耳を澄ませば低い重低音が聞こえる。
 ロウ達転移者がこの武器を見れば、”チェンソー”という言葉を連想しただろう。
 だが、それを知らない男は酒場で聞いた話を思い出した。

 ──血飛沫を浴びても動じない残忍性を持った女、駆除というおよそ人間扱いをしない言葉、極めて殺傷能力の高い奇妙な武器……!!

 そして、最近この辺りを騒がしている、ある名前を連想する。

 「いくぞぉぉぉお!!」

 同時に、もう一人の仲間が少女へ突撃する。

 「やめろ! そいつは〖狂──」

 「さあ、掃除・・を始めましょう♪」


 帝国の夜、赤い満月の元に男達の断末魔が響いた。


◆◆◆◆


 「ん~~。スッキリしました」

 少女の周りには、もはや誰の者ともわからない肉塊と無数の血溜まりがある。

 「掃除は終わった?」

 そんな中、少女へ声をかける人影が。
 少女は、声の聞こえた方──男達と出会った通りへと顔を向ける。

 「ああ、セリシャですか」

 そこには、覆面で顔を隠した少女が壁を背を預けて立っていた。
 服は黒装束である。

 名前を呼ばれた少女は慌てる。

 「ちょ、ちょっと! 外では〖影姫〗って呼びなさいよ! 〖狂姫〗!」

 少女──〖狂姫〗はイタズラが成功したような顔を見せる。
 先程、惨殺劇を繰り広げた少女とは思えない。

 「そうだしたね。スミマセン。はい、掃除なら今終わったところですよ」

 ”ほら”と言わんばかりに少女が手を広げて周りの光景をアピールする。
 どこに隠したのか、いつの間にか少女が手にあった武器は消え失せていた。

 セリシャはその光景にピクリと眉を動かした後、言葉を発した。

 「まあいいわ。聞きなさい、〖狂姫〗あなたに、〈サハラの森・南部〉の調査命令が下されたわ。付添人は私と、〖牙姫〗よ」

 その言葉に、〖狂姫〗は呆けた顔で言葉を返す。

 「…それって、外へ行けるって事ですか?」

 「まあ、そうね」

 呆けた顔から一転、何処か惚悦とした笑みを浮かべると、少女はその場でクルクルと回り始める。

 「ああ、素敵です♪ やっと外へ行けるんですね! これであの人に会う事が出来るかも!」

 「そもそも、初任務であんたが、草原を更地に変えたり、味方の血の雨を降らせたりしたければ、もっと早くに調査命令が出てたわよ」

 セリシャの声は少女には聞こえていないようだ。
 以前として、笑みを浮かべながら回っている。

 「……まあ、要件は伝えたから。ちゃんと準備しときなさいよね」

 そう言って、セリシャは建物の陰に沈み込んでいった。
 それを見届けた少女は立ち止まって空を見上げる。

 「本当に、会えるかもしれませんね。──兄さん♪」

 そう言って、見開かれた少女の両目は、夜空に浮かぶ月よりも濃い、紅色をしていた。



 ──数奇な運命はいつも突然に。

 

 

「銀狼転生記~助けた幼女と異世界放浪~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く