銀狼転生記~助けた幼女と異世界放浪~

テケテケさん

021 ~大事な話~

 俺の声音が変わった事で重要性のある内容だと察したようだ。
 フィリが寝ぼけ眼に光を灯して、こちらを見上げる。

 「ん? 大事な話?」

 『ああ、大事な話だ』

 「ガーゴ。起こす?」

 『いや、大丈夫だ』

 ガーさんにはあまり聞かれたくない。
 深呼吸を2回する。

 正直、この話をした後、フィリとの関係がどうなるか予想が全くつかない。
 だけど、しなくちゃいけない。
 今。

 『実は、フィリと里の事を聞いた』

 誰に聞いたとは言わなかった。

 「っ!?」

 途端、体をビクッと震わせるフィリ。
 一見、無表情に見えるが、彼女の宝石のように澄んだ目には、普段顔に出さない狼狽の表情がうかがえる。

 しばらくお互いに見つめあったまま無言の時間が続く。
 1秒がとても長く感じる。
 やがて、フィリが口を開く。

 「ど…う……思った?」

 必死に喉から絞り出したような声だった。
 目には怯えの色が浮かんでいる。

 『同じだと思った』

 「同……じ?」

 多分、誰にも言われたことがなかったんだろう。
 困惑の色が、たき火の灯りに照らされた顔に出る。

 『ああ、同じだ』

 答えてから空を見上げる。
 丁度、月が雲に隠れる所だった。

 隠れた月を目で追いながら、これからのことを脳内でシミュレートする。
 どうやっても、フィリが泣き顔になる未来しか浮かばねえ。
 だけど、これは絶対にフィリには教えないといけない。
 やらないと、フィリは救われない。

 上げていた顔をフィリの目線に戻す。

 『フィリ、聞いてくれ。俺は────転移者だ』

 「テン、イシャ?」

 聞き慣れない単語に首を傾げるフィリ。
 困惑の色が深まる。

 『ああ。元々、俺はこの世界とは別の世界の住人だったんだ』

 「別の世界? 何のこと?」

 『まあ、聞いてくれ。俺は子供の頃───』

 俺がフィリにすると決めた話、それは俺の過去のこと。
 フィリの理解者になる。
 それには、俺だけがフィリの秘密(過去)を知っているだけじゃダメだ。
 俺の秘密(過去)をフィリに知って貰う。
 それで初めて俺とフィリは対等な関係になれる。

 ”理解者”はお互いにフェアじゃないとな。

 それから俺は、前の世界では人間だったこと。
 銀色の髪のせいで親に捨てられたこと。
 クラスメイトや妹の事。
 そして、この世界に来てからのことから、サハラのことまで。

 包み隠さず、全てを話した。

 「ロウが、人間? 妹? 邪神様? 分からない……ロウの言ってること分からない、分からない分からない分からない───」

 壊れたラジオみたいに”分からない”を繰り返し言葉にするフィリ。
 まあ、いきなりだし混乱するだろうな。

 『全部本当だ。だから、”お前の気持ちも分かる”』

 瞬間、混乱を口に出していたフィリが時間が止まったかのように硬直する。
 数秒後、フィリの口からでた言葉には僅かに怒気がはらんでいた。

 「嘘……言わないで」

 『嘘じゃない。”お前の気持ちは分かって───』

 「わかって──ない!!!」

 突然の怒声。
 始まったか……。

 「わかってない!! 分かるはずない!! 姉さんにも、ガーゴにも分からなかった。わかって…くれなかった!!! なのに、出会ったばかりのロウに……わかるわけ無いっ!!」

 それは、普段表情の変化に乏しいフィリの、溜まりに溜まった心の声。
 感情の暴走だった。

 本来、俺達みたいに疎まれ続けた人間に対して、軽率な”お前の気持ちは分かる”宣言はタブー、禁句だ。
 だが、俺はわざとフィリの心に油《禁句》を注いだ。
 そうでもしないと、フィリの本心は知れないから。

 注がれた油によって、爆発したフィリの感情は留まることをしらない。

 「私は自分のが嫌い!! 存在するだけで人に疎まれる! 気をつかわれる! もうたくさん! 〖忌み子〗って何!? なんで目の色が違うだけでそんな風に思われなきゃいけないの!? なんで姉さんは私をあんな目でみるの!? 可哀想な子なんて思われたくない!! 無駄に優しくしないで!! 私は!!──────」

 『普通に接して欲しい────だろ?』

 水を打ったように静かになる。
 フィリは驚きで目を見開いて俺を凝視する。
 小さな口が動き、声にならない言葉を発する

 ─────どうして?

 と。

 『言っただろ、俺はお前と同じだったって。哀れみはいらない、下手な同情もいらない、特別な愛情なんていらない。俺達は、フィリは────”自分”を視て欲しいんだ』

 一層開かれるフィリの綺麗な、アメジストを模したような目。

 『捨て子や忌み子、かわいそうな子、危険な子、冷たい子──全部他人の評価だ。勝手に貼られたレッテルなんて取っちまえ』

 「あ、う っ」

 フィリの綺麗な目に膜が張られる。
 俺の顔を映し出す薄い、水の膜。

 『お前はお前だ。フィリ。綺麗な宝石みたいな目に、流れるような金髪。ちょっと無愛想で、だけどホントは感情豊かな心優しい女の子───フィリーネ・エアロだ』

 「……ひぐっ」

 感極まったのか、下を向くフィリ。
 落ちた雫は地面に吸い込まれた。

 やっぱ泣いちまったか。
 まあいいさ、感情のストッパーを外したのは俺だしな。

 「わか……って、くれた。初めて……。初めて、綺麗って、言われた」

 顔上げたフィリの表情は、たき火の灯りで影っていて分からない。でも泣いているのはわかる。
 ああ、やっぱり求めてたのか、理解者を。
 だったら!!
 やるぞ、友達申請・・・・!!

 『ああ、俺はお前をわかってやれる。だから、フィリ!! 俺と友だちに為ってくれ!!』

 言葉と同時に右手を差し出す。

 「友達。なんて、初めて……言われた」

 言いながら、子供らしい小さくふっくらとした両手で、戸惑いつつも差し出された右手を包む。

 『「……あったかい」』

 どちらからこぼれた言葉だっただろうか。

 雲に隠れていた月が顔をだす。

 包んだ手を視ていたフィリが顔を上げて、

 「ありがとう」

 と言った。

 ドキッとした。
 月明かりに照らされた彼女の顔は、脳内シミュレーションにはなかった、とても綺麗な────笑顔だったから。

 ─────そんな顔も、できるじゃねえか。


 お互いに笑い合って、横になって目蓋を閉じる。

 そうして、夜はふけていった。


 

「銀狼転生記~助けた幼女と異世界放浪~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く