銀狼転生記~助けた幼女と異世界放浪~

テケテケさん

015 ~俺、エルフの幼女を助けました~

 『大変だ!! β、エルフの少女が襲われそうになってるぞ!』

 俺は少女を視認すると同時に、隣で突撃態勢に入っていた分身βへ報告する。

 『何!? エルフだって!? 早く助けるぞ!! α!!』

 了解だβ。
 早く助けねえと、彼女の貞操が危ねぇ。

 「ウォォォォォォォン!!!』

 狩りの前に【遠吠え】は必須。
 素早さの跳ね上がったβが駆け出すのと同時に、俺も奴らの真上に転移。
 俺の【遠吠え】はゴブリンズにも聞こえていたので、奴らの注意はβのいる方向へ向けられている。
 俺は空中でバランスを取りながら、格納庫から銘<銀喰ギンクイ>を取り出す。
 <銀喰>は、サハラから貰った<呪刀・紫吹>を基に創った太刀を【武器創造★】を使ってリメイクしたもので、刀身から持ち手までが銀1色になり、退魔属性が付与されている。
 また、俺でも扱えるように刀身を少し短くしてる。
 俺の現・主武器メインウエポンだ。

 取り出した<銀喰>を口に咥え、重力に従い落下。
 着地と同時に、周りにいたゴブリンを数匹斬り捨てる。

 「ガギョグゲ!?」

 「ギョギョガ!!」

 『こちらβ、エルフの少女の奪取に成功。離脱する」

 突然の俺の乱入にゴブリンズが気を引かれた隙に、分身βがエルフの少女を確保した。
 今更、気付いても遅いわぁ!!
 これでようやく暴れられる。
 見渡す限り、周りはゴブリンズ一色。
 ならばやることは一つだ。

 『全艦、一斉掃射ぁあ!!」

 宙に浮かんだ大量の銘<爆裂丸>(爆破付与の短剣)がゴブリンズへ降り注ぐ。

 ドゴォオン!、ボガァアン!!、ゴガアァン!!!

 ゴブリンズの断末魔は、大量の爆音の中へ掻き消えた。


◆◆◆◆


 『ふぅ~、すっきりした』

 爆音がやみ、辺りに立ちこめていた煙が晴れると、自主規制物の光景が広がっていた。
 具体的にいうと、ゴブリンのピーがピーしてピーになってる。

 うえっ、ぐちゃぐちゃだ。
 取りあえず全部収納しとくか。
 虫とか沸いたら嫌だし。
 で、状況連絡っと。

 俺『こちらα、敵の殲滅完了。そちらに向かう。どーぞ』

 β『こちらβ、了解した。ポイント1にて待つ』

 よし、助けたエルフっ娘の顔を拝みに行きますか。

 ついた先は俺の狩り拠点。
 ここは、唯一日の光が見える場所であり、周囲には綺麗な花が咲いている。
 そして、拠点の切り株の上に少女が寝かされていた。

 『β、悪いが、周囲の散策へ行ってくれ。俺はこの娘と会話を試みる』

 『了解した』

 そう言ってβは、鬱蒼と木々が茂る森へ走り去っていった。


 さて、俺は切り株の上に目を向ける。
 年は、9才くらいか?
 少女というより幼女だな。
 容姿も、それっぽい。
 髪は、腰にかかりそうなほどの金色で、遠目からは分からなかったがアホゲが1本立っている。
 肌は白く、見るだけでツヤツヤしてる。 
 ちょっとおいしそう。なんて思ってしまった。
 服装はボロボロの布切れのようなもので、非常にきわどい。
 足は裸足で、ゴブリンズから走って逃げてたんだろう。
 血だらけだ。

 こんな小さな子が、どうして一人でいたんだ?

 「んっ、んん──ふぁああぁ」 

 そのとき、幼女が起きて、あくびを始めた。

 よし、話しかけてみよう。
 思えば、俺の今までの会話相手は、邪神サハラや神獣エルビス、という規格外な奴らばかり。
 しかも、ここしばらくは女の子と全く会話していない。
 やべぇ、緊張してきた。
 なるべく怖がらせないようにしないと。

 『よ、よぉ。どうだ、体の具合は?』

 幼女がこちらを向く。
 しばらくお互いに視線を交わし、そして。

 「風爆ウィンド・エクスプロージョン

 幼女の先制攻撃が牙をむいた。

 『え、ちょ、タンマっ──ゴハァアアアア!!』


 え、いきなり?


 

「銀狼転生記~助けた幼女と異世界放浪~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く