銀狼転生記~助けた幼女と異世界放浪~

テケテケさん

010 ~俺、????と出会います~

 《一定量の経験値を確認 LV:19 になりました》

 最後のメッセージを聞いて俺はパラメーターを見る。

 LV 19/20
 HP 580/580
 MP 80/80

 攻撃力:430(250)
 防御力:120
 抵抗力:146
 俊敏性:530
 魔法力:78
  運 :5

 ご覧の通りだ、やっぱり。
 進化したわけでもないのに、この伸び率はチートだな。
 攻撃力なんて3倍近いし。
 こうしてみてみると、どうしても運の悪さがいなめない。

  誰か、オラに運気をわけてくれー!!

 先ほどのゴブリんを【捕食】して手に入れたスキルは2つ。
 【危険察知】と【怒る】だ。

 【危険察知】:自信の身に危険が迫ると、それを察知できる。練度の上昇はなし。

 【怒る】:一時的に防御力と抵抗力を犠牲にして、2分間攻撃力と魔法力を上げる。効果は 練度×2倍

 どちらのスキルもかなりつかえる。
 特に【怒る】の効果は結構エグかった。
 いつぞやのゴブリンよ、悪かったな! 使用と同時に殺っちまって。
 あんとき近接戦してたら俺死んでたな。
 俺、グッジョブ!!

 よし、ステの確認も出来たし、そろそろ上がるか?

 俺は階段を見上げた。


◆◆◆◆


 ゴブリンズを倒したら出現した階段。
 どうやらこちら側の通路に入ってきて正解だったようだ。
 まだ揺れは来てない。
 通路がリセットされる前にさっさと上に上りたい。
 上りたい……が。
 こう、すっごく行っちゃだめな気がする。
 【魔力感知】では上ると、広い部屋の反応。
 俺が召喚された部屋で、魔素の反応が薄いので外だと思っていたところなんだが。

 ──薄すぎる。

 そう、薄すぎるのだ。
 このダンジョンを徘徊し続けること5日間。
 ゴブリンズが出てくる部屋も幾つかあったが、どちらかというと濃かった。
 それがここまで薄くて広い部屋となると、逆に警戒する。
 俺のゲーマーとしての感と【危険察知】が俺にささやく。

 ここ、ボス部屋じゃね?

 と……。



 望む所じゃ~!!
 ここまできたんだ! ここで引き返すのは選択肢的にあり得ない!
 それに今の俺のステならいけると思う”必殺技”もあるしな。
 というわけで。

  出陣じゃーい!!


 階段を上りきるとそこは思った通り広い空間だった。
 しかし雰囲気が違う。
 今まで通ってきた所が暗い坑道だとすると、ここはまるで神殿のよう。
 違和感。
 急遽だれかがここに別空間を設置したような───っ!!

 バチバチィ!!

 【危険察知】が突然反応し、上を見れば電撃の束が迫っていた。
 ちっ!! 慌てて俺を包むように、【空間魔法Ⅲ】を展開。
 電撃は虚空に吸い込まれていった。
 はぁっ!! 今のは危なかった! モロに受けたら即死じゃねーか。

 『ほう、防いだか。第二の試練は合格か。下世話な犬してはよくやる。』

 懐かしい、しかし声色の違う頭に直接響く声。
 なんだ?
 電撃の飛んできた部屋の端に目をやる。
 そこには………。


 大きな金色の狼がいた。


 

「銀狼転生記~助けた幼女と異世界放浪~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く